MakeLeapsラボ

〜新機能・ニュースなどのお知らせ〜

検索する

製品アップデート一覧

製品アップデート

ユーザー定義テンプレートが進化します!

ご好評をいただいている、ユーザー定義テンプレートがさらにパワーアップします!
現在、Excelのフォーマットを使って書類のレイアウトなどを変更できますが、今回のアップデートにより任意の項目を追加設定し、書類へ表示できるようになります。

■リリース予定日 

・2023年1月25日(水)

■機能概要

・これまでの機能
テンプレート上で設定が可能なデータ項目はMakeLeapsに存在する書類データ項目のみでした。

・今回リリースする予定の追加機能
現状MakeLeapsに存在していない書類データ項目の入力欄を、任意で設定できます。
設定した項目に入力したデータは書類に表示できるようになります。

具体的には、以下のような設定が可能です。
①書類の追加項目
 1つの書類に対して、1つの入力値が存在する項目。(例:契約番号、納品場所など)
②明細行の追加項目
 1つの明細行に対して、1つの入力値が存在する項目。(例:請求書の各請求対象商品の「商品コード」など)

※本機能を利用するにあたりユーザー定義テンプレートの作成が必須となります。
※追加項目で対応しているデータ型:日付、テキスト、通貨

■料金体系

  • オプション料金:なし
  • 対象ユーザー
    • MakeLeapsの法人プラン、エンタープライズプラン、無料トライアル期間中
    • MakeLeaps for Salesforce(ML4SF)のすべてのプラン

※ML4SFの場合、1月25日のリリース時点では、書類の追加項目にのみ対応しております。
明細行の追加項目に関しては追って機能追加予定です。
機能がリリースされましたらブログ・ニュースレターにてお知らせいたします。

■注意点

本機能をご利用いただく際には、Excelの基本的な操作を貴社にて行っていただく必要がございます。
MakeLeapsでは以下のサポートに対応できませんので、あらかじめご了承ください。
・Excelの機能及び操作方法に関する質問
・具体的なExcelファイルへの記載方法
・Excelファイルの動作確認
MakeLeapsのサポートポリシーはこちらをご参照ください。

本機能をお使いいただくことで、よりイメージに近い形で書類を作成できるようになるかと思います。ぜひご活用ください!

製品アップデート一覧