MakeLeapsラボ

〜新機能・ニュースなどのお知らせ〜

製品アップデート一覧

製品アップデート

【電帳法対応】RICOH 証憑電子保存サービス連携で証憑を一元管理!

いつもMakeLeapsをご利用いただきありがとうございます。

2022年7月27日(水)、リコー社が提供するクラウド型証憑書類保存サービス「RICOH 証憑電子保存サービス」との
連携機能がご利用いただけるようになりました。

機能のメリット

MakeLeapsで発行した書類やそれ以外で発行した書類、そして受領した書類の保管場所がバラバラでお困りの方はいらっしゃいませんか?
本連携機能を使っていただければ以下のような書類を一元管理できます!

◼︎発行書類
・MakeLeapsで発行し、発行書類控えに記録された書類データ
・MakeLeaps以外で発行した書類データ
◼︎受領書類
・取引先から受領したさまざまな証憑

もちろん、2022年1月施行の改正電子帳簿保存法にも対応*しているので安心です。
* スキャナ保存要件および電子取引要件に対応

証憑電子保存サービス連携3

機能概要

  • 対象書類:発注書(取引先宛)、見積書、納品書、請求書、領収書、注文請書
  • 対象ユーザー:
    ・RICOH 証憑電子保存サービスをご契約されている方
    ・法人プランまたはエンタープライズプランをご利用中の方
  • 利用料金:オプション費用として、月額基本利用料の他に 1,000円/月(税抜) が発生します。

RICOH 証憑電子保存サービスは、受領または発行した複数の証憑を、改正電子帳簿保存法に準拠して電子保存することができます。
連携機能のご利用方法もとっても簡単です。初回のみ連携用の鍵を登録していただくと、MakeLeapsと証憑電子保存サービス間での連携が開始されます。
連携後はMakeLeapsで発行した書類控えを、ワンクリックで証憑電子保存サービスにて一元保管できるようになります。

証憑電子保存サービス連携2

▼MakeLeapsの連携画面イメージ

証憑電子保存サービスML画面

 

▼RICOH 証憑電子保存サービス側のイメージ

証憑電子保存サービス連携1

RICOH 証憑電子保存サービスとは

「RICOH 証憑電子保存サービス」は、2022年1月施行の改正電子帳簿保存法に準拠した証憑電子保存サービスです。
請求書などの証憑を、リコー社が提供するクラウドストレージに、スキャナ保存要件や電子取引要件に準拠した形式で電子保存することができます。
さらに追加オプション機能である「リコーの入力代行サービス」を併用すると、法令要件で必要な「取引先名」「取引金額」「取引日」への索引付けを正確にデータ化できます。
詳しい詳細は、RICOH 証憑電子保存サービス製品ページ(外部サイト) をご覧ください。

これから電子帳簿保存法対応をしようと思っている方や、異なる書類の証憑もすべて一元管理したいとお考えの方などは、
ぜひこちらの連携機能をご検討ください!

本機能についてのご質問やご不明点などございましたら、サポート窓口までお気軽にご連絡ください。

【MakeLeaps サポート窓口】
メールアドレス:support@makeleaps.com
営業時間   :10:00〜18:00(土日祝 除く)

▼参考ページ
・[マニュアル] RICOH 証憑電子保存サービス連携

 

製品アップデート一覧