【機能アップデート】パスワード付きのセキュア送信が可能に

MakeLeaps機能アップデート

いつもMakeLeapsをご利用いただきありがとうございます。

セキュア送信は、書類のPDFをメールに直接添付するのではなく、書類へアクセスするURLリンクを送付します。
セキュア送信での全てのデータはSSL暗号化され、また、リンクの閲覧期間の制限を設けるなど、安全なリンクとなっていますが、URLそのものが外部へ流出した際の保護として、「URLにパスワードを設定したい」というご要望を多くいただきました。

そんなご要望にお応えして、セキュア送信の書類リンクへアクセスする際にパスワードの入力を求めるよう設定することができるようになりました。

■設定方法
「自社情報」もしくは「取引先」内の各送付設定の項目より、「別メールでパスワードを通知する」にチェックをつけます。

設定画面

■送付時の操作
「別メールでパスワードを通知する」機能を適用している取引先にセキュア送信を送る場合、送付前確認画面上で「セキュア送信(パスワード付き)」と表示されます。

送付前確認画面

※パスワードはシステムから自動送信されるため、任意で設定することはできません。

■受信側の流れ
セキュア送信を受け取るお取引先は下記のような流れで書類へアクセスします。

  1. 下記2通のメールを受け取る。
    【1通目:書類のURLリンクが記載されたメール】
    URLが記載されたメール
    【2通目:書類を開くためのパスワードが記載されたメール】
    パスワードが記載されたメール
  2. 書類のURLリンクをクリックすると表示されるパスワード入力画面で正しいパスワードを入力すると、書類へのアクセスが可能となる。
    パスワード入力画面

より詳細な設定方法や注意事項に関しては、下記のマニュアルをご確認ください。
https://help.makeleaps.jp/ja/articles/5744486-セキュア送信にパスワードを設定する

企業ごと、取引先ごとのニーズに応じて、ぜひご利用ください。

今後ともMakeLeapsをよろしくお願いいたします。

MakeLeaps

MakeLeapsは見積書・納品書・請求書の発行管理クラウドソリューション。このブログでは、国内のフリーランスや中小企業の読者の悩み解決・成長に役立つ情報やMakeLeapsのニュースなどをお届けします!

MakeLeapsの他の記事