【新機能】PDF項目カスタムテンプレート(早期アクセス)をリリース

MakeLeaps機能アップデート

いつもMakeLeapsをご利用いただきありがとうございます。

これまでユーザーのみなさんからいただく声で多かったのが「受領書や支払通知書という書類を作成したい」「ここの項目名を変更したい」など、書類PDFを自社で必要な形に変更したいというものでした。

みなさんのお声にお応えして、書類PDF上の表題や項目の名称等を任意の文言へ変更したテンプレートが作成できる「PDF項目カスタムテンプレート」をリリースいたしました!

どのような機能なのか、概要をご紹介します。
(※対象プラン:法人プラン、エンタープライズプラン、MakeLeaps for Salesforce全プラン)

■ 例:請求書をベースに納品書兼請求書を作る

  1. マニュアルに従って、PDF項目カスタムテンプレートを作成します。
    作成する際、ベースとなる書類タイプ名を選択する箇所があるため、そこで [請求書] を選択し、設定画面で書類名を変更します。
    PDF項目カスタムテンプレートを作成
  2. 納品書兼請求書のテンプレートが作成できます。
    納品書兼請求書
  3. 書類作成時は、請求書(1. で選択したベースとなる書類タイプ)を作成の [+] ボタンから作成画面を開き、テンプレートを指定します。
    テンプレートに表示される

なお、書類名を変更した場合は変更した書類名が下記3点にも反映されます。

  • セキュア送信の件名やメッセージに書類番号や書類種類の変数が挿入されている場合、書類名が反映されます
  • セキュア送信のメール内の表記に書類名が反映されます
  • 郵送代行で複数の書類を同封した場合、「送付状」内の書類名に反映されます

マニュアルでは詳しい設定方法や上記3点が反映される箇所について画像付きでご紹介していますので、ご確認ください。
https://help.makeleaps.jp/ja/articles/5570288-pdf項目カスタムテンプレートを作成する

本機能は現時点では早期アクセスとしてのリリースとなるため、利用には機能の適用作業が必要です。下記のマニュアルを参考に機能の適用作業をお願いします。
https://help.makeleaps.jp/ja/articles/5569892-pdf項目カスタムテンプレート-早期アクセス-とは

本機能を利用することで、これまで作成できなかった書類をMakeLeapsで作成することが可能となるため、別システムで作成していた方はMakeLeapsで一元管理が可能になります。
また、細かい項目名を変更できるようになることで、より柔軟に自社にあった書類の作成が実現できます。

今後ともMakeLeapsをよろしくお願いいたします。

MakeLeaps

MakeLeapsは見積書・納品書・請求書の発行管理クラウドソリューション。このブログでは、国内のフリーランスや中小企業の読者の悩み解決・成長に役立つ情報やMakeLeapsのニュースなどをお届けします!

MakeLeapsの他の記事