MakeLeapsラボ

〜新機能・ニュースなどのお知らせ〜

【告知】書類作成画面で項目毎の消費税が非表示になります

いつもMakeLeapsをご利用いただきありがとうございます。
2023年10月から導入されるインボイス制度に対応するため、書類作成/編集画面にて、項目毎の消費税欄が非表示となります。

◼︎背景

2023年10月に導入されるインボイス制度では、一つの適格請求書(インボイス)につき、税率毎に1回のみ端数処理が行えると規定されています。
MakeLeapsでは2014年11月30日以降、項目行毎の消費税計算は行えない仕様へと変更されております。
しかしながら、画面上に項目毎の消費税欄が表示されていることでご混乱を招く懸念があるため、今回非表示にする運びとなりました。
※インボイス制度の詳細については、国税庁のウェブサイトをご確認ください。

◼︎変更予定日

2022年8月下旬
(変更時に改めてお知らせします。)

◼︎変更内容の詳細

◎項目毎の消費税欄が非表示となります。

※以下は現段階でのイメージです。リリース時には一部デザインが変更となる場合がございます。

<変更前>

変更前の項目

<変更後>

変更後の項目

◎「項目毎の端数処理」機能が廃止されます。

※以下は現段階でのイメージです。リリース時には一部デザインが変更となる場合がございます。

<変更前>
書類作成/編集画面にて、「項目毎に端数処理」にチェックを入れて保存することができました。

詳細設定

<変更後>
上記のチェックを入れた状態で、書類を保存することができなくなります。
ページ下部の保存ボタンを押そうとすると、「サポート終了の『項目毎に端数処理』が選択されています。本書類の詳細設定より解除してください。」というメッセージが現れ、保存することができません。

保存ボタン

 

※注意点

【過去書類について】
以前作成された書類に関しては、「項目毎の端数処理」を行った状態のまま保存が可能です。
しかし、2022年12月1日以降、過去書類を編集しますと、「項目毎の端数処理」を選択した状態での保存ができなくなります。ご注意ください。

【ご修正が必要なケース】
・本機能を使って作成した書類を作成予約や定型パターンに設定されている場合
・インポートファイルで本機能を利用されている場合

本機能も同じくインボイス制度に対応するために廃止する運びとなります。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

今後もMakeLeapsは法律を遵守し、お客様に安心して使っていただけるサービスの提供を行ってまいります。
本件についてのご質問やご不明点などございましたら、サポート窓口までご遠慮なくお問合せくださいませ。

【MakeLeaps サポート窓口】
メールアドレス:support@makeleaps.com
営業時間   :10:00~18:00(土日祝 除く)

MakeLeapsのアイコンデザインを一部変更しました

いつもMakeLeapsをご利用いただきありがとうございます。
以前、こちらのブログにて告知させていただいたとおり、MakeLeaps内の一部アイコンデザインを変更しました。

変更箇所

ヘッダーと左サイドメニューを除く、すべてのアイコン
▼変更例

アイコン変更1

アイコン変更2

アイコン変更3

アイコン変更4

引き続き、みなさまにより快適にMakeLeapsを使っていただけるよう、改善に取り組んでいきます。

複数アカウントの管理をもっと楽に!社名の横に部署名などを表示

複数のMakeLeapsアカウントをまとめて管理されているみなさまに朗報です!
自社名の横に、任意の名称を追加で表示できる機能がリリースされました。

社内で複数のMakeLeapsアカウントを利用し統合されている場合、左上の会社名より切り替えが可能です。
今まではこちらに社名のみが表示されていたため、例えば同じ会社で部署ごとにMakeLeapsを利用されているとアカウントを区別するのが難しい状況でした。
今後は部署名や支店名などを表示させることができるため、パッと見て区別できるようになります。
(※本機能はMakeLeaps for Salesforceは対象外となります。)

機能概要

複数のMakeLeapsアカウントを統合すると「自社情報」に「アカウント名」という項目が表示されます。こちらは、会社情報を編集する権限を持つユーザーのみ編集することができ、入力した内容が、左上の社名の横に表示されます。
「アカウント名」は、実際の書類上には反映されないので、あくまでも各アカウントを識別するタグのような役割で活用できます。

アカウント名の追加

例えば、以下のように同じ社名でも異なる支店・部署で利用されている場合は、本機能で識別することができます。

アカウント名切り替え

ぜひ、複数アカウントの管理に活用してみてください!

▼参考ページ
[マニュアル] 複数の会社アカウントを管理する
[マニュアル] メンバーの権限を設定する

【告知】今後、MakeLeapsのデザインが一部生まれ変わります

いつもMakeLeapsをご利用いただきありがとうございます。
お客様に快適にMakeLeapsをご利用いただけるよう、現在デザインや操作性の改善に取り組んでおります。
まずは第一弾として以下の変更を予定しております。

変更予定箇所

ヘッダーと左サイドメニューを除く、すべてのアイコン

▼変更例
※以下は現段階でのイメージです。リリース時には一部デザインが変更となる場合がございます。

アイコン変更イメージ1           アイコン変更イメージ2

変更予定日

2022年6月下旬 (変更時に改めてお知らせします。)

===

今後もユーザーのみなさまにとってより快適にMakeLeapsをご利用いただくために、その他のアイコンやボタンのデザインなどを順次見直していく予定です。
変更した際は、MakeLeapsラボや月刊メイクリープスにてお知らせいたしますので、ご確認をお願いします。
もし、なにかお気づきの点などがございましたらぜひお声をいただけると嬉しいです。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

外部で作成した請求書も保存が可能に!PDF一括送付機能がアップデート

PDF一括送付機能 を使って、外部で作成したPDF書類をMakeLeapsに「書類として保管する」機能がリリースされました!
さらにそれらの書類を、MakeLeapsのセキュア送信・郵送代行で送付いただくことで、送信(発行)側として電子帳簿保存法に準じた書類保管にも対応できます。
(2022年5月10日現在は、請求書・納品書のみ対応しています。)

◼︎PDF一括送付機能とは?

まず、本機能についてかんたんにおさらいしていきましょう。
「PDF一括送付」とは、外部システムで作成したPDFファイルをMakeLeapsへ一括でアップロードし
MakeLeapsを通して取引先へ送付することができる機能です。
※「法人プラン」または「エンタープライズプラン」をご利用の方が月¥1,000(税抜き)にて利用いただける有料オプション機能です。

▼参考ブログページ
【新機能】外部システムで作成したPDFの送付が可能になりました
【機能アップデート】PDF一括送付がパワーアップ
【機能アップデート】PDF一括送付がさらに使いやすく進化!

◼︎機能アップデート内容

今回の「PDF一括送付」機能のアップデートのポイントは以下2つです。

もう少し詳しく内容をみていきましょう。

PDF一括送付で取り込んだPDF書類をMakeLeapsに「書類として保管する」機能が追加

PDF一括送付のファイル送信画面より「書類として保管する」機能にチェックをいれ
PDFファイルの内容(取引金額や取引日等)に関する必要な情報を含めアップロードしていただくことで
MakeLeapsの書類一覧ページに保管することができます。
詳しい操作方法は下部の参考ページに記載の操作マニュアルをご参照ください。

▼ファイル送信画面
書類として保管する

▼書類一覧画面
MakeLeapsにて作成した書類と同様に一覧ページに追加されます。
書類一覧ページに追加

▼書類編集画面
画面上部のメッセージにて、外部PDFファイルが読み込まれている旨が表示されます。
これらの書類にはMakeLeaps上の書類番号が自動採番されます。また、送付後の参照状況の確認入金消込などの操作が可能です。
詳細やMakeLeaps上で行うことのできる操作については以下のFAQページをご参照ください。
PDFファイルを読み込んで作られた書類

▼参考ページ
【FAQ】外部PDFファイルを読み込んでいる書類データとは何ですか?
操作マニュアル

「書類として保管する」機能でMakeLeapsを介して送付した書類を電子帳簿保存法に対応した形式で保管が可能に

「書類として保管する」機能をつかって取り込んだ書類を、MakeLeapsのセキュア送信や郵送代行にて送付いただくと
「発行書類控え」ページにその「取引情報」と「送付時点のPDF」が自動的に保存されます。
そのため電子帳簿保存法の送信(発行)側の保存要件を満たすことができるようになります。
発行書類控えにて確認

▼参考ページ
[マニュアル] 発行書類控えを確認する
[マニュアル] MakeLeapsと電子帳簿保存法

外部で作成した書類をMakeLeaps機能で送付できるだけでなく、MakeLeaps上で書類管理や電子帳簿保存法対応までできるようになり、大きな進化を遂げました!
もしまだ使っていないものの興味があるという方は、ぜひこの機会に「PDF一括送付機能」の利用を検討してみてくださいね。