【お知らせ】新料金プラン「エンタープライズプラン」がリリースされました

いつもMakeLeapsをご利用いただき、ありがとうございます。

2021年4月12日(月)より、新料金プラン「エンタープライズプラン」を提供開始いたします。

これまでも提供していた「個人プラン」「法人プラン」は、ユーザー数・取引先数によって基本利用料が変動します。
「エンタープライズプラン」は、ユーザー数・取引先数は無制限となり、基本利用料に加えて、ひと月の送付依頼数によって金額が加算される仕組みとなります。
そのため、一つの取引先に対する書類の発行枚数が少ない場合や、単発取引の多い企業様にとっては、「アーカイブ」で取引先管理をする必要がなくなり、より便利にお使いいただけます。

■エンタープライズプラン概要

  • ユーザー数:無制限
  • 取引先数:無制限
  • 月額基本料 25,000円(税抜)に加えて、300通を超える送付依頼へ1通あたり30円(税抜)が加算されます。(別途郵送代行は所定の費用がかかります。)
  • 支払い方法:月額払い、銀行振込のみ対応

▼利用料の計算方法

月額基本利用料※1(25,000円)+ 301通目以降の送付依頼数 × 30円 + オプション費用
※1:300通の送付依頼込み

エンタープライズプランへのお申し込みは、下記のマニュアルをご確認ください。
▼プランの申し込み・変更をする
https://help.makeleaps.jp/ja/articles/3557135-プランの申し込み-変更をする

■よくあるご質問

  • セキュア送信と郵送代行の両方で送った場合のカウントはどうなりますか?
    送付依頼のカウントは、送付前確認画面の「書類の送付」ボタンを押した回数でカウントされます。
    そのため、下記の画像のように一度の送付でセキュア送信と郵送代行の両方で送付した場合のカウントは、「1」となります。
    送付前確認画面
  • 送付依頼数のカウントはいつリセットされますか?
    毎月末日にリセットされ、翌1日に当月分の300通の無料送付枠が付与されます。
  • 送付をキャンセルしたとき、送付依頼数のカウントもキャンセルされますか?
    送付方法によって異なります。
    (※送付のキャンセルに関する詳細はこちら
    【セキュア送信の場合】「書類を送付」を実施後、即時送付処理が実行されるため、キャンセルされた場合でも減算はせず、「1」としてカウントされます。
    【郵送代行の場合】送付の取消しができる有効時間内(送付後30分以内)にキャンセルした場合、カウントも無効となります。 
  • プラン変更ページの「送付依頼の上限通数」とは何ですか?
    各企業で想定しているひと月当たりの送付上限値を設定することができます。こちらは、想定している枚数よりも多く送付し、想定以上の請求が発生しないための設定となりますので、各企業で適切な数値をご設定ください。
    上限を超えた場合は、書類の送付ができなくなるため、上限値を超えて送付したい場合は、上限通数の変更が必要です。
    (※上限通数の変更は、アカウント所有者・管理者のみができます。)
    プラン変更画面

ご不明点がございましたら、下記のサポート窓口までメールにてご連絡ください。
support@makeleaps.com

引き続き「MakeLeaps」をよろしくお願いいたします。

MakeLeaps

MakeLeapsは見積書・納品書・請求書の発行管理クラウドソリューション。このブログでは、国内のフリーランスや中小企業の読者の悩み解決・成長に役立つ情報やMakeLeapsのニュースなどをお届けします!

MakeLeapsの他の記事