ホーム > プレスリリース >請求業務の担当者 100 人に聞く 請求業務のストレスはシステムの不具合や細かな確認作業 他部署のため込みによる「請求漏れ」 重大なミスに繋がることも明らかに

2020年5月7日
メイクリープス株式会社

零細企業から大手企業まで 請求業務の担当者 100 人に聞く

請求業務のストレスは、システムの不具合や細かな確認作業

他部署のため込みによる「請求漏れ」重大なミスに繋がることも明らかに

クラウド型請求管理ソフトの開発・運営を行うメイクリープス株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:ジェイ・ウィンダー)は請求業務の担当者100人を対象に、「請求業務に関するストレス」と「他部署からのお願いされて困ったこと」に関してアンケートを実施しました。その結果、アナログ対応やマニュアルでの確認作業が多い請求業務ならではのストレスや、他部署の協力が必要な請求業務ゆえの仕事の煩雑さが明らかになりました。

※調査概要:「企業が抱える請求処理業務での課題について」

【調査日】2019年9月~2019年12月
【調査方法】アンケート
【調査人数】100人
【調査対象】請求業務の担当者

■請求業務で担当者が感じるストレスは「強制終了などシステムの不具合」が24%、「入出金の照合など確認作業が多いこと」15%

担当者が請求処理業務で感じているストレスの最上位は、「強制終了などシステムの不具合」の24%でした。具体的には、請求業務で表計算ソフトを使用している企業は多く、複数のファイルを同時並行で作業することでソフトの強制終了を招くことが大きなストレスになっているようです。次点は、「入出金の照合など確認作業が多いこと」が15%となりました。「個人の立替金を給料と合算して振り込む作業。手作業と確認が多いのでストレスを感じる。」「見積もりからの請求差分が大きい場合、個数・点数の確認が面倒」といった声が挙げられ、マニュアルで煩雑な作業を遂行することに対するストレスが見受けられます。

 

請求業務で感じるストレス

※注 「特になし」項目を除くランキングとなります。

 

■請求業務で他部署から依頼されて困ったことは、「急な作成依頼などによる手間」「システム問題」が15%、僅差で「請求書のため込み」と「請求書提出の遅延」も

他部署からの急な依頼、例えば、請求書等の急な作成依頼などイレギュラー対応は手間がかかり、請求担当者を困らせている現実も明らかになりました。他にも「クライアントさま独自の請求書のところがあり、当社の請求金額と差分が出ることがある」といった手間もあるようです。

また、他部署による「請求書のため込み」や「請求書提出の遅延」は、実際に請求漏れや「請求書の発行が遅れて、お客様の計上締めに間に合わない」といった重大なミスに繋がるため、請求担当者を悩ませていることが見受けられます。

 

請求業務で他部署から依頼して困ったこと

※注 「特になし」項目を除くランキングとなります。

 

当社では、請求処理業務のシステム化や顧客管理ソフトとの連携を図り、手作業や表計算ソフトによる請求書の作成・管理よりもヒューマンエラーを軽減し、特に中小企業を始めとする多くの企業の請求業務にかかわる負担を軽減できるよう取り組んでまいります。

 

【クラウド型請求管理ソフト「MakeLeaps」サービス概要】

クラウド型請求管理ソフト「MakeLeaps」は、請求書作成から送付、入金後の管理までの請求業務の管理に特化した製品です。当サービスは、直感的に操作ができるシンプルな画面とサポートで、1つ1つのスピードがビジネスに大きく影響する中小企業はもちろんのこと、フリーランスから大手企業まで幅広い企業規模・業種の企業様より支持されています。

「MakeLeaps」により作業プロセスを大幅に効率化でき、社内外場所にとらわれずに請求業務を行うことができます。当社の「MakeLeaps」では企業が課題に感じている「請求書の作成作業」「見積書と請求書の整合確認」「入金管理・消込作業」をすべてクラウドで管理し請求書を自動で作成するためこれらの作業をなくすことができ、多くの企業が課題としている「データを手入力している」「二重チェックや修正に時間がかかる」という作業も短縮することが可能です。

サービス開始:

  • MakeLeaps 販売開始:2011年10月
  • MakeLeaps for Salesforce 販売開始:2015年8月

 

【会社概要】

会社名: メイクリープス株式会社
代表: 代表取締役CEO ジェイ・ウィンダー
本社: 東京都目黒区中目黒3-1-5 YK中目黒ビル2F
電話: 03-4550-1530(代表)
ホームページ: https://www.makeleaps.jp/
設立:      2014年7月
事業内容: ビジネス向けのクラウド型請求管理ソフト「MakeLeaps」の開発・運営

本件に関するお問い合わせ先

メイクリープス株式会社 広報担当
Eメール press@makeleaps.com
電話 03-4550-1530

PDFをダウンロード

※本リリースに記載された会社名・商品名・サービス名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

報道関係者お問い合わせ先

メイクリープス株式会社広報担当:三田(みた)
TEL:03-4550-1530
メール:press@makeleaps.com