MakeLeapsラボ

〜新機能・ニュースなどのお知らせ〜

MakeLeaps活用方法一覧

MakeLeaps活用方法

銀行口座を連携し、入金データもMakeLeapsで管理

書類作成や送付だけではなく、MakeLeapsでは入金消込も行えることはご存知ですか?
MakeLeapsで消込をする際にぜひ活用いただきたいのが「口座連携」の機能です。

口座連携とは

マネーツリー株式会社が提供する「Moneytree (外部ページ)」と連携し、Moneytreeアカウント上に登録した口座の入金情報(入金日、入金額、振込名義)をMakeLeapsに自動で取り込み、入金確認や入金消込を簡単に行うことができる機能です。
連携すると、下記のように自動で入金情報のみがMakeLeapsへ同期されます。

入金管理ページ

同期後は、「書類を追加」の箇所より、入金情報と請求書を紐付けることで入金消込が完了します。入金消込の方法についてはページ下部の参考ページをご確認ください。

また、入金消込を繰り返すことで、請求金額と入金額が一致する場合にシステムが対象となる請求書を推測してくれる「入金アシスト」の機能も動作しますので、使えば使うほど効率化を実感していただけます。

入金管理_推測

入金情報へのアクセス権限を設定する

口座連携はとても便利ですが、MakeLeapsユーザー全員に入金情報が見られては困るという場合もあると思います。
その際は「メンバーの権限」ページにて、下記のように請求書の「入金消込/通帳管理」の権限チェックを外しましょう。そうすることで、入金データは閲覧できなくなります。

請求書権限

入金消込をMakeLeapsで行うことで、入金のステータスも書類一覧ページで確認することができるようになります。
例えば、営業が書類を作成し、経理が入金消込をするようなケースでは、営業は経理に確認せずともMakeLeaps上で入金されたことがわかるため、情報共有もスムーズに行えます。

入金済みステータス

▼参考ぺージ

口座連携を設定することで、毎回銀行のページへアクセスする必要がなくなります。
書類の作成から送付だけではなく、入金情報の管理までMakeLeapsで一元管理しましょう!

MakeLeaps活用方法一覧

その他のMakeLeaps活用方法