MakeLeapsラボ

〜新機能・ニュースなどのお知らせ〜

製品アップデート一覧

製品アップデート

【告知】書類作成画面で項目毎の消費税が非表示になります

いつもMakeLeapsをご利用いただきありがとうございます。
2023年10月から導入されるインボイス制度に対応するため、書類作成/編集画面にて、項目毎の消費税欄が非表示となります。

背景

2023年10月に導入されるインボイス制度では、一つの適格請求書(インボイス)につき、税率毎に1回のみ端数処理が行えると規定されています。
MakeLeapsでは2014年11月30日以降、項目行毎の消費税計算は行えない仕様へと変更されております。
しかしながら、画面上に項目毎の消費税欄が表示されていることでご混乱を招く懸念があるため、今回非表示にする運びとなりました。
※インボイス制度の詳細については、国税庁のウェブサイトをご確認ください。

変更予定日

2022年8月下旬
(変更時に改めてお知らせします。)

変更内容の詳細

◎項目毎の消費税欄が非表示となります。

  • 対象のお客さま:全てのユーザー
  • 対象箇所:書類作成/編集画面

※以下は現段階でのイメージです。リリース時には一部デザインが変更となる場合がございます。

<変更前>

変更前の項目

<変更後>

変更後の項目

◎「項目毎の端数処理」機能が廃止されます。

  • 対象のお客さま:2014年11月30日以前にご登録いただいているユーザーのみ
  • 対象箇所:書類作成/編集画面、本機能を使って作成した書類を複製/作成予約/定型パターンに設定されている場合など

※以下は現段階でのイメージです。リリース時には一部デザインが変更となる場合がございます。

<変更前>
書類作成/編集画面にて、「項目毎に端数処理」にチェックを入れて保存することができました。

詳細設定

<変更後>
上記のチェックを入れた状態で、書類を保存することができなくなります。
ページ下部の保存ボタンを押そうとすると、「サポート終了の『項目毎に端数処理』が選択されています。本書類の詳細設定より解除してください。」というメッセージが現れ、保存することができません。

保存ボタン

 

※ 注意点

【過去書類について】
以前作成された書類に関しては、「項目毎の端数処理」を行った状態のまま保存が可能です。
しかし、2022年12月1日以降、過去書類を編集しますと、「項目毎の端数処理」を選択した状態での保存ができなくなります。ご注意ください。

【ご修正が必要なケース】
・本機能を使って作成した書類を作成予約や定型パターンに設定されている場合
・インポートファイルで本機能を利用されている場合

本機能も同じくインボイス制度に対応するために廃止する運びとなります。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

今後もMakeLeapsは法律を遵守し、お客様に安心して使っていただけるサービスの提供を行ってまいります。
本件についてのご質問やご不明点などございましたら、サポート窓口までご遠慮なくお問合せくださいませ。

【MakeLeaps サポート窓口】
メールアドレス:support@makeleaps.com
営業時間   :10:00~18:00(土日祝 除く)

製品アップデート一覧