MakeLeapsラボ

〜新機能・ニュースなどのお知らせ〜

ニュース一覧

ニュース

JIIMA 認証を取得!電子帳簿保存法に対応したシステムとして、利用者に安心を

クラウド型請求管理サービス「MakeLeaps」と「MakeLeaps for Salesforce」は、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(以下「JIIMA」)による認証を、取得したことをお知らせいたします。

 

JIIMA認証取得の背景

電子帳簿保存法(以下「電帳法」)の改定による法律要件の緩和や一部義務化に伴い、企業には法律遵守のための対応が求められており関心も高まっています。

この度、電帳法の要件を満たすサービスであると証明するJIIMA認証を取得したことにより、「MakeLeaps」を導入・検討している企業は、電帳法によって要求される要件を個別に確認する必要がなくなり、サービス選定の負担を大幅に軽減できるかつ、安心して導入・使用することができるようになります。

「MakeLeaps」は、電帳法およびインボイス制度に対応したクラウドサービスとして、引き続き企業のバックオフィス業務の業務効率化やデジタル化の推進を支援していきます。

電子帳簿保存法(電帳法)とは

電子帳簿保存法とは、国税関係の帳簿書類を、電子データで保存することを認めた法律のことです。1998年に施行されて以来、数回に渡って改正が行われてきました。従来、国内企業では国税関係書類(請求書・領収書・帳簿類)は、紙での保管が基本でした。しかし、紙の場合は、ファイリングの手間、場所の確保、印刷代、郵送代などのコストが掛かります。それらのコスト削減を目的に定められた法律です。

JIIMA認証とは

公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)にて、市販されているソフトウェアやソフトウェアサービスを対象に、電帳法の要件を満たしているかをチェックし、法的要件を満たしていると判断したものを認証する制度です。

「MakeLeaps」が取得した認証

「電子取引ソフト法的要件認証」について:https://www.jiima.or.jp/activity/certification/denshitorihiki/
「電子書類ソフト法的要件認証」について:https://www.jiima.or.jp/activity/certification/denshishorui/

ニュース一覧

その他のニュース