「御見積書」と「見積書」正しいのはどっち?使い分けはあるの?

2013年8月8日

目次

[表示]

見積書のタイトルには、「見積書」と書かれている場合と「御見積書」と書かれている場合があります。どちらが正しく適切であるのかはさて置き、実際にはどちらも使われているのが現状のようです。よって、状況に応じてどちらの場合にでも、すぐに対応できた方が良いでしょう。

初期費用無料のクラウド型請求管理サービス「MakeLeaps(メイクリープス)」を使うと、既に用意されたテンプレートを変更するだけで「見積書」と「御見積書」を簡単に選ぶことができます。

○ 見積書作成の画面の「見積書テンプレート」を選択する項目で、「スタンダード」を選択すると「見積書」になります。

見積書スタンダード

見積書

○ 「プロフェッショナル」を選択すると「御見積書」になります。

見積書プロフェッショナル

御見積書

見積書をかんたんに作成したい方は、まずは30日間の無料トライアルでお試しください。

無料でトライアルしてみる

無料請求書の書き方マニュアル

請求書の作成でお困りではありませんか?
発行から送付までの流れをわかりやすくまとめました。

【請求書の書き方マニュアル】 請求書の作成から送付までまるわかり!