領収書の但し書きはどう書けばいい?例文付き 

2014年10月20日

目次

[表示]

領収書の但し書き

領収書を記入する際に最も悩んでしまうのが、但し書きの項目ではないでしょうか。

領収書を作成する場合、但し書きは以下のように表記されます。

スクリーンショット 2014-10-20 10.54.24

ここでは何に対する支払いなのかを明記する必要があり、一般的に多くみられるのが「お品代」という表記です。

ただしこれでは実際に何に使ったのかが明確ではないため、本来は認められません。この項目は明確に表記するようにしましょう。

MakeLeaps クラウド見積・請求・入金管理ソフト 請求業務を、もっとかんたんに。

但し書きの例

但し書きに迷った際は、

「代表格の品物+他」 と書いておくのが無難でしょう。

(例:プリント用紙100枚他、キャンペーン用ポスター5枚他)

領収書のエクセルテンプレート

領収書の宛名・但し書きの書き方や、収入印紙の解説など、説明付きで分かりやすく
領収書を作成いただけます。また領収書のエクセルテンプレートも無料でダウンロードできます。

領収書のエクセルテンプレート

まとめ

本記事では、領収書の但し書きの書き方について解説しました。

領収書は手書きやExcelにて作成することも可能ですが、作成業務の人的ミスを減らし、業務を効率化させるには、まずは無料で試せる便利なクラウドサービスの利用がおすすめです。

クラウド型請求管理サービス「MakeLeaps(メイクリープス)」は、領収書や請求書といったさまざまな書類をクラウド上でミスなく簡単に作成できるクラウドサービスです。 作成した書類はワンクリックで電子送付ができ、電子送付により印紙代の節約にもつながります。

領収書など各種書類の作成効率化やコスト削減にご関心のある方は、まずは無料の製品紹介資料をご覧ください。

サービス紹介資料をダウンロードする(無料)

 

 

無料請求書の書き方マニュアル

請求書の作成でお困りではありませんか?
発行から送付までの流れをわかりやすくまとめました。

【請求書の書き方マニュアル】 請求書の作成から送付までまるわかり!