口座振替サービスの魅力とは?利用のメリットや事業における必要性について解説

2022年6月7日

目次

[表示]

こんにちは。請求業務をかんたんにするクラウドサービス「MakeLeaps(メイクリープス)」事務局です。

商品やサービスの利用料金を請求・回収する業務には、多くの手間がかかります。

請求や回収業務が経理の負担になっているのなら、「口座振替サービス」を利用して手間を削減することはひとつの方法になるでしょう。本記事では口座振替サービスの特徴やメリットと、その必要性について解説します。

口座振替サービスとは?

口座振替サービスとは、現在も幅広く利用されている銀行のサービスです。
以下でその概要を確認し、口座振替サービスならではの特徴を確認しましょう。

銀行口座から自動で引き落としができる決済手段

口座振替サービスとは、顧客の行口座から自動的に商品やサービスの利用料金を回収できる決済手段です。1度銀行に申請を行えば、その後も顧客の口座から代金が引き落とされ、自社の口座に振り込まれるシステムとなっています。

自動引落になるため支払い側の負担が軽減され、経理も確認作業が簡単になるのが特徴です。

「銀行振込」との違い

銀行振込は口座振替サービスと違って、消費者が自分の手で振込作業をしなければなりません。毎回振込の手間がかかるため、毎月の支払いが必要な商品やサービスを利用する場合には不便な方法となります。

一方で口座振替サービスなら、毎月の支払いが自動で行われるため、特別な作業は必要ありません。

口座振替サービスの手続き方法

口座振替サービスを利用する際には、事前に銀行で手続きを行う必要があります。以下からは、口座振替サービスの基本的な手続き方法を解説します。

「口座振替依頼書」と「Web口座振替受付」の2種類が一般的

口座振替サービスには、支払い側の引落口座情報登録方法の違いにより大きく2種類あります。支払い側に「口座振替依頼書」を記載、届出印を押印してもらい、金融機関に照合をうけるのが基本です。照合を通過することで、以降は口座振替サービスによる自動支払いが行われます。

金融機関や代行業者次第では、インターネットによる「Web口座振替の受付」も可能です。Web口座振替受付はおもに個人向けであり、法人向けの場合は、振替依頼書による書面でのやり取りが一般的です。

MakeLeaps クラウド見積・請求・入金管理ソフト 請求業務を、もっとかんたんに。

口座振替サービスの必要性

口座振替サービスは、企業の決済手段として欠かせないものとなっています。以下では、口座振替サービスの必要性について詳しく解説します。

さまざまな支払いニーズに対応する必要がある

口座振替サービスは顧客の多様な支払いニーズに対応するための手段のひとつとして、あらゆる事業で必要とされています。商品やサービス販売の事業展開を行う際には、顧客がなるべく多くの支払い方法を選択できるようにするのが重要です。

例えば、口座振替は銀行口座があれば誰でも利用ができるため、クレジットカードをあまり利用しない高齢者などをターゲットにした事業の支払い手段として役立ちます。また、決済手段を選択する場合には、利用者側の利便性に加えて、請求する側の業務コストも重要になるでしょう。

具体的には、請求側で重要なのは請求1件あたりにかかるコストです。請求1件当たり高額の請求をクレジットカードで決裁すると、そこにかける人件費に比べ割高になる傾向があるため注意しましょう。

一方で、口座振替サービスでは1件当たりの単価が決まっていることが多いので少額大量の場合、クレジットカードにコストにおいてメリットが出ることもありますが、多くは口座振替サービスの方がよりリーズナブルです。

近年はBtoB業界でも口座引き落としを利用する企業も増えているため、利用者の抵抗感は少ないでしょう。

作業量を削減して効率化が可能

口座振替サービスは、企業の経理作業を削減し、業務効率化を支えるためにも必要です。回収手段として口座振替サービスを導入することで、利用者の支払い忘れなどのリスクが減るため、経理担当者が催促や再請求を行う機会が削減されます。

簡単な確認作業だけで毎月の支払いを把握できるため、業務効率化が実現し仕事の能率やモチベーションアップにつながるでしょう。また、銀行振込による回収と比較した場合、口座振替サービスでは入金確認作業が一切不要なメリットがあります。

口座振替サービスのメリット

口座振替サービスの導入には、企業や経理部にとって多くのメリットがあります。以下を参考に、具体的なメリットを確認しましょう。

未回収のリスクを減らせる

口座振替サービスを導入することで、料金の未回収リスクを減らせるのがメリットです。銀行振込など利用者が自ら作業をしなければならない方法の場合、支払い忘れや手数料の負担を間違えるなどのリスクがあります。

その点、口座振替サービスは自動で支払いが行われるため、口座残高さえ残っていれば未回収のリスクが少なくなるのが魅力です。

顧客満足度を高められる

口座振替サービスには、顧客側にも多くのメリットがあります。例えば、支払いの手間が削減できたり、クレジットカードよりも信頼できる銀行のセキュリティを利用できたりといった点が、口座振替サービスにおける顧客側のメリットになるでしょう。

口座振替サービスを導入しておくことで、これらのメリットを活用したい顧客の満足度を向上させられます。

商品・サービスの利用を継続してもらいやすくなる

口座振替サービスで支払いを自動化することで、商品の購入やサービスの利用を継続してもらいやすくなります。顧客側が自分の意志で解約しない限り支払いが継続するため、安定した利益を得やすいのがメリットです。

特に、毎月必ず支払いが必要なサービスを展開している場合、継続率向上を目的とした口座振替サービスの導入はおすすめです。

現金支払いならではのデメリットを回避できる

口座振替サービスの導入は、顧客側に現金払いならではのデメリットを回避する機会を与えることにもつながります。現金による支払いには、現金取り扱いに関するリスクが常につきまといます。

口座振替サービスであれば、支払いの手間を減らしつつ上記のようなリスクをなくせるため、顧客側は精神的な負担を感じることなく商品の購入やサービスの利用が可能です。対面集金への対応のための出社を減らしたいひとにもおすすめでしょう。

代行業者次第では手厚いサポートにも期待できる

口座振替サービスの代行業者を利用すれば、手厚いサポートに頼ることも可能となります。困ったときに頼れるサポートがあると、安心して口座振替サービスを利用可能です。

万が一のトラブルに対応する時間を削減できるため、信頼できる代行業者を通じて口座振替サービスを利用するのもおすすめです。

口座振替サービスの利用時にかかる費用

口座振替サービスの利用時には、手数料の名目で費用がかかるケースがあります。
実際にどのくらいの費用がかかるのかを、以下を参考に確認してみましょう。

口座振替サービスにはさまざまな種類の手数料がある

口座振替サービスの利用時には、さまざまな種類の手数料を支払わなければならないケースがあります。
例えば、代行業者を利用する場合、月間基本手数料、振込手数料、初期費用などが必要となるでしょう。

費用が発生する点は痛手になりますが、取引手数料は金額に関わらず一律であることが多いため、クレジットカード決済よりも安価になりやすいメリットもあります。

手数料は利用する代行業者によって変わる

口座振替サービスの手数料は、基本的に利用する代行業者によって変動します。「初期費用0円」などお得な形でサービスを展開している代行業者も多いため、事前に各企業の手数料を確認して比較するのがポイントです。

口座振替サービスの選び方

口座振替サービスの利用を決めてから、次に選び方を確認する必要があります。以下を参考にして、最適な口座振替サービスを選択しましょう。

口座振替日を選択できるか

口座振替サービスを導入する際には、「引落日」を選択できるか事前に確認しましょう。なかには自由に引落日を選べない口座振替サービスもあるため、顧客に不便さを感じさせる可能性があります。

なるべく自由に振替日を選べるサービスの方が、柔軟に利用できるため利便性が向上します。

管理システムの中身で比較する

口座振替サービスの利用時には、管理システムの中身も重要なチェック項目になります。使いやすいシステムや管理画面を採用している口座振替サービスを使うことで、経理担当者の負担を軽減して業務におけるストレスをなくせるでしょう。

口座振替サービスは中長期的な継続利用が想定されるため、なるべく簡単なシステムや操作感で使えるものを選ぶのがポイントです。

しかし、口座振替サービスでは、1件当たり手数料が安くてもシステムトータルで高くなることもあるので、システムを含めたトータルで比べることが良いでしょう。収納代行業者と請求管理システムの連携はファイルのやり取りが多いですが、中にはシステムが繋がっていて自動で引落ができるサービスもあります。引落締め日近くの忙しい時に、煩雑さを少しでも軽減できるものがおすすめです。

また、請求管理システムの中には引落結果の連携が出来ないケースもあります。請求管理システムに結果が連携出来るかもシステム選定では重要となります。

口座振替サービスの利用におけるサポートが充実しているか

口座振替サービスは、サポートの充実度で選ぶことも考えられます。
万が一のトラブルが発生した際に、どのような対応をしてくれるのかを確認して比較することも良いでしょう。

サポート内容および具体的な対応範囲について、事前に問い合わせるのがおすすめです。

口座振替サービスの利用時には請求管理サービス「MakeLeaps」の導入もおすすめ

口座振替サービスの利用を検討しているのなら、請求管理サービスである「MakeLeaps」の導入がおすすめです。
以下からは、MakeLeapsの特徴や口座振替サービスとの相性の良さについて解説します。

MakeLeapsの「口座振替連携」で口座振替サービスがより使いやすくなる

MakeLeapsには、口座振替サービスによる入金データを自動取得できる「口座振替連携」機能が備わっています。正確かつスムーズな入金管理を実現できるため、経理部の負担を軽減しつつミスの発生する可能性を減らせるのがメリットです。

事前に口座振替サービスと口座振替連携を行っておけば、請求と回収の両面で業務効率化が進められます。

顧客ごとに支払いを請求したり、回収業務に時間を費やしたりする機会を減らしたい場合には、MakeLeapsの機能が便利なものとなるでしょう。

リコーリースとシステムでつながっていてMakeLeapsのオプションからワンタッチで引落依頼がかけられるます。引落結果もMakeLeapsの請求情報に自動的に連携されるので便利です。

口座振替への切り替えの際に、MakeLeapsとリコーリースなら、取引先様への案内文送付の自動化や振替依頼書のデジタル化が可能となる「招待機能」があります。これにより、得意先とのやり取りはワンタッチで完結できるため、業務効率化につながります。

まとめ

口座振替サービスは、月々の支払いの手間を削減できる便利なシステムです。商品購入やサービスの継続利用を自然に促すことも可能なため、企業側には積極的な導入が推奨されるでしょう。

口座振替サービスの導入に合わせて、クラウド型請求管理サービス「MakeLeaps(メイクリープス)」の活用で経理業務のさらなる効率化ができます。口座振替連携機能を参考に、この機会にぜひ一度、30日間の無料トライアルでお試しください。

無料でトライアルしてみる

 

無料請求書の書き方マニュアル

請求書の作成でお困りではありませんか?
発行から送付までの流れをわかりやすくまとめました。

【請求書の書き方マニュアル】 請求書の作成から送付までまるわかり!