【窓口宛への文章作成】「様」と「御中」どちらを使うべき?

2013年7月11日

目次

[表示]

企業や役所・役場、社団法人などの窓口宛に見積書や請求書を郵送するときに、御中か様どちらを書けばいいんでしょうか。

この場合は、「様」と「御中」と同様に送り先の担当者や個人名が分かるときは「様」を書きます。

担当者や個人名が分からない時は「御中」を「窓口」の後に書きます。

 

<参考例>
  書面やメール等においては以下のようになります。

例)株式会社サンプル

  相談窓口御中

  お世話になります。

  MakeLeapsの田中です。

例)株式会社サンプル

  担当者様

  お世話になります。

  MakeLeapsの田中です。

※「様」と「御中」の使い方については、様と御中の使い分けをご覧下さい。

 

「様」も「御中」も心配なし!MakeLeapsで請求書・見積書を自動郵送

オンラインで請求書・見積書を作成できるMakeLeapsを使えば、「様」や「御中」、「窓口」についての使い方を心配する必要はありません!
全て自動で書き込まれ、メール送付や郵送もワンクリックで完了します。

見積書や請求書の作成・送付の効率化にご関心のある方は、まずは30日間の無料トライアルでお試しください。

無料でトライアルしてみる

無料請求書の書き方マニュアル

請求書の作成でお困りではありませんか?
発行から送付までの流れをわかりやすくまとめました。

【請求書の書き方マニュアル】 請求書の作成から送付までまるわかり!