軽減税率対応のフォーマットには対応していますか?

2019年10月実施の消費税率引き上げ(10%)に伴い、指定品目が現在の税率(8%)に据え置かれる軽減税率制度が導入されました。
MakeLeapsでは軽減税率対応フォーマットを2種類(「プロフェッショナル(軽減税率対応)」「プロフェッショナル(窓付き封筒用・軽減税率対応)」)ご用意しております。それぞれ英語版もご用意しています。

●対応フォーマット(2種類:2019年8月29日時点)
請求書に記載が必要となる事項:
(A) 軽減税率の対象であることが明らかになるよう「軽減税率対象」などを記載
(B) 税率ごとに区分して、合計した課税資産の譲渡等の対価の額(税込み)を記載

01-reduced-tax-rate-jp  reduced-tax-rate-group-jp

※有料プランでご利用いただけます。

更新日:2019年8月29日

関連する項目