クライアント・定型パターン外部IDとは何ですか?

インポートファイルの「クライアント外部ID」「定型パターン外部ID」とは、取引先ごと定型パターンごとに任意で設定できるIDです。通常システムは、インポート時に「取引先名(クライアント名)」「定型パターン名」が完全一致するかで紐付けする取引先・定型パターン名を認識していますが、外部IDを利用することで、取引先名・定型パターン名の相違に関わらず、取引先や定型パターンを紐付けることが可能です。

———————————
(例)
◼︎既存登録の取引先
取引先名 | クライアント外部ID
ABC株式会社 | 123
ABC株式会社 | 456

◼︎インポート
書類番号 | 取引先名 | クライアント外部ID
請求書番号 101 | ABC株式会社 | 123
請求書番号 102 | ABC株式会社 | 456
請求書番号 103 | ABC株式会社 | 789
請求書番号 104 | ABC株式会社 | (空白)
請求書番号 105 | XYZ株式会社 | 123

◼︎結果
請求書番号101 は最初のABC株式会社(ID:123)に紐づく
請求書番号102 は二番目のABC株式会社(ID:456)に紐づく
請求書番号103 は新規のABC株式会社(ID:789)を作成し、紐づく
請求書番号104 は新規のABC株式会社(ID:なし)を作成し、紐づく
請求書番号105 は最初のABC株式会社(ID:123)に紐づき、書類の宛先もABC株式会社に自動変更される

関連する項目