書類を無効化するとどうなりますか?

【書類の無効化とは?】

書類を無効化すると、送付できなくなり、売上としてレポートなどに反映されません。取引が中断されたり、再発行し不要となった書類の管理に役立ちます。

【書類を無効化するとどうなる?】

書類番号に取り消し線が入り、送付ができなくなります。変換や複製、入金消込などの操作は可能となりますが、無効化された書類はレポートやグラフなどには反映されません。なお、無効化された書類も書類一覧に表示されます。

【どのような書類を無効化すればいい?】

  1. 取引は中止されたが、データを残したい書類
  2. 売上として計上したくない書類
  3. 入金のなかった書類
  4. 再発行済みの書類

など、不要となった書類に対し「無効化」の処理を行っていただけます。

関連する項目