プレスリリース(アーカイブ)

 

公開日 プレスリリース
2020年5月7日 零細企業から大手企業まで 請求業務の担当者100 人に聞く 請求業務のストレスは、システムの不具合や細かな確認作業
他部署のため込みによる「請求漏れ」重大なミスに繋がることも明らかに
2020年4月24日 12カ国の社員が在宅勤務中 新型コロナ時代に適応した新しい働き方を 経営陣が「社員の生活と健康を第一優先とする」ステートメントを表明
~社員の精神面ケアの重要性や完全自宅勤務のティップスにも言及~
2020年3月31日 新型コロナで求められる企業のテレワーク導入 「請求書の承認業務での出社をなくした」場所を問わず請求書処理ができるように
~IT人財育成の株式会社リンプレス クラウド型請求管理ソフト導入事例紹介~
2020年3月18日 経理や事務作業に一苦労、働き方改革に一役、請求業務に悩むフリーランス「年100日旅しながら仕事する」達人がコツ伝授
2020年2月26日 零細企業から大手企業まで 請求業務の担当者100人に聞く 毎月の請求書作成
「データ手入力」「2重チェックや修正に手間」 4割超 2019年10月軽減税率導入前後でアンケート実施
2020年2月12日 日本の企業の“請求書問題” ハンコ文化が大きな壁 バックエンドの業務効率を支援するオーストラリア人社長 外国人だから気づく着眼点 20歳で起業し18年 クラウド型請求書管理ソフトで成長中
2019年11月6日 9カ国の社員が在籍 オフィスは最小限でビジネスチャットを有効活用
リモートワークが浸透 グローバルに優秀な人財採用にも一役 自由な働き方を推進 社員間の信頼関係が成功のカギ
2019年10月2日 2019年度 グッドデザイン賞受賞 バックエンド業務の改善に着目
2019年8月29日 軽減税率対応の新機能リリース ~請求業務から入金管理、新制度対応まで プロセスの効率化を実現~
2018年10月26日 CEOからのメッセージ
2018年10月22日 楽天銀行 ビジネス法人口座のお客さま限定 特典プランの提供開始
2017年3月27日 「MakeLeapsバーチャル口座」を提供開始 〜顧客毎の仮想口座で、入金消し込みの自動化を促進〜
2016年12月6日 楽天銀行とメイクリープスが業務提携を開始 〜仮想口座で消し込み自動化を促進〜
2016年7月26日 Rakuten Ventures Japan FundによるシリーズA投資ラウンドを実施
2016年2月25日 クラウド請求管理ツールの「MakeLeaps」が「Moneytree」と連携開始
2015年6月29日 クラウド請求管理ツール「MakeLeaps」の新機能「商品一覧」商品情報を事前登録してデータ入力を最小限に
2015年3月2日 クラウド請求管理ツールの「MakeLeaps」が「KISSmetrics」と業務提携
2014年12月18日 クラウド請求管理ツールの「MakeLeaps」が「YAYOI SMART CONNECT」と連携開始
2014年8月28日 クラウド請求管理ツールのMakeLeapsが60万ドルの資金調達を実施
2014年8月5日 メイクリープス株式会社設立のお知らせ
2013年12月13日 Web請求発行サービス、ベータ版『セキュア送信』を本格的に提供開始
2013年10月25日 MakeLeaps『納品書』一般公開いたします
2013年6月25日 請求管理クラウドソフト「MakeLeaps」がユーザー1万社突破
2013年4月18日 MakeLeapsとEvernoteの連携機能リリース
2012年8月10日 オンライン見積書・請求書管理サービス、MakeLeapsとNoroshiとの事業譲渡契約の締結

サービス運営会社

社名
メイクリープス株式会社

設立
2014年7月9日

サービス名
MakeLeaps

サービス提供開始
2011年10月

サービス概要
クラウド型見積・納品・請求管理ソフト「MakeLeaps」(メイクリープス)の開発・販売

ロゴ

MakeLeapsとは

MakeLeaps(メイクリープス)は、日本国内企業向けのクラウド型請求管理ソフトです。

2010年にサービスを開始し、都内のオフィスを中心に開発・提供に取り組んでおり、現在数万を超える日本全国の企業様や個人事業者の方にご愛用いただいただいています。

MakeLeapsはEric Ries氏の著書によって話題を呼んだ、リーン・スタートアップの手法を用いています。この方法論は、リリースに向けて長期間に渡る開発を行う代わりに、“MVP(Minimum Viable Product – 実用最小限の製品)”を早めにリリースし、ユーザーからの即時的なフィードバックを基に開発を進めていくものです。

Eric Ries氏がこの“改善”を繰り返す開発方法について執筆したきっかけは、トヨタ自動車工業 元副社長の大野耐一氏の影響を強く受けています。そしてこの手法は日本国内にとどまらず、現在では世界中で採用される手法となりました。

MakeLeapsのビジョン

MakeLeapsは日本国内のビジネスの潜在能力を引き出し、事業成長に貢献することをビジョンとしています。シンプルで洗練されたデザインと使いやすさを追求したクラウドアプリケーションを提供することによって、帳票業務のスピード・正確性・効率性において飛躍的な改善をもたらし、会社経営を全面的にサポートします。

ご質問やご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

電話:(03) 4550 1530
press@makeleaps.com