MakeLeaps for Salesforce 利用規約

MakeLeaps for Salesforce利用規約(本規約)は、MakeLeaps for Salesforce(以下、「ML4SF」)のサービスに契約した場合のみ適用されます。
ML4SFは、MakeLeaps利用規約(https://www.makeleaps.jp/利用規約/)に基づきメイクリープス株式会社(以下、「弊社」)が提供します。

本規約にて未定義の用語は、MakeLeaps利用規約に準ずるものとします。
本規約とMakeLeaps利用規約において、内容に相違がある場合は本規約の内容を適用することとします。

1. ML4SFサービス概要

ML4SFではSalesforceとMakeLeapsの連携を通じ、取引先などの情報をMakeLeapsと同期、Salesforce上でMakeLeapsの書類の作成・送付・管理状況などが行えます。詳しいサービスの内容はMakeLeapsサービス概要(https://www.makeleaps.jp/特徴/)をご参照ください。

2. 必要事項

2.1. MakeLeapsへの登録

ML4SFをご利用いただくには、MakeLeapsのSalesforce連携プラン(「ユニット」「チーム」「ビジネス」「ビジネスPlus」「エンタープライズ」、または旧プラン「新幹線」「飛行機」)への契約が必要です。

2.2. 有効なSalesforceサブスクリプションの契約

ML4SFをご利用いただくには、Salesforce.com, incならびに関連する事業(以下、「SFDC」)が http://www.salesforce.com にて提供するサブスクリプション(以下、「Salesforceサブスクリプション」)に契約している必要があります。

登録しているサービスがML4SFの利用目的に必要な機能や権限を有しているか、弊社は責任を負いません。SalesforceサブスクリプションでML4SFを有効に利用するにはSFDCのサービスを追加契約しなくてはならない可能性があります。

3. ML4SFとSalesforceサブスクリプションの関連性

ML4SFの1契約につき、Salesforceの1組織と連携してご利用いただくことが可能です。
いかなる理由でも、Salesforceサブスクリプションが終了した際、連携したML4SFの契約も終了となります。これにより契約終了となった場合には、既にお支払いいただいた分の料金の払い戻しはできません。

4. 契約期間とその終了

ML4SFの契約は自動的に更新されます。ML4SF契約は月払の契約となります。

契約は、次回請求時の15日前までに弊社に文書(support@makeleaps.com 宛てのEメールを含む)で通知することで終了できます。また数ヶ月を超える契約料金の延滞やその他の理由で、ML4SFのアカウントを保持することができなくなった場合、ML4SFのご利用を停止いたします。

⒌ 料金変更

ML4SFは、次回請求時の15日前までに弊社に文書(support@makeleaps.com宛てのEメールを含む)での通知をもって料金を変更することができ、次の請求より新しく設定された料金が有効となります。

⒍ 免責事項

本規約に明文された規定がある場合および法律で認められる範囲を除いて、MS4SFは「AS IS(無保証)」ベースで提供され、弊社はML4SFに関する使用可能性、信頼性、正確性に関する特定の目的および違反を行っていない事柄に対する適性や市場適性を含む、明示もしくは黙示された法律上のあらゆる種類の保証を行いません。

⒎ 支払い規約

既に支払われた料金に関しては、双方の同意がない限り、払い戻しはできません。

 

 

附則
平成27年7月23日 制定
平成27年9月29日 改定
平成28年1月18日 改定

このページを共有: