7. Slack連携機能

トップページ > MakeLeapsマニュアル > 7. Slack連携機能


個人事業主やスタートアップの事業成長を支える見積・請求・入金管理ソフトMakeLeapsのマニュアルです。


目次

1. はじめに
2.初期設定
3. 自社設定
4. 書類を作成・管理・送付
5. 口座連携機能
6. バーチャル口座機能
7. Slack連携機能

8. 作業時間管理機能
9. MakeLeapsカード決済
10. アカウント設定
11. 権限設定
12. 承認機能
13. その他の機能


Slack連携機能

Slackと連携する

MakeLeaps上から連携する方法は以下の通りです。
※SlackのApp管理の「サイトにアクセスしてインストールする」から設定することはできませんので、以下の手順にしたがって設定してください

  1. ホーム画面の「自社情報」から「連携済みアプリ」タブを選択します。
  2. Slackの「+」ボタンをクリックします。
  3. 「Add to Slack」をクリックします。

  4. 投稿先のチャンネルを選択し、「許可する」をクリックします。
  5. 「連携が完了しました」と表示されるとSlack連携が使えるようになります。

 ページTOPへ

.

追加したチャンネルの通知設定

  1. ホーム画面の「自社情報」から「連携済みアプリ」タブを選択します。
  2. Slackの連携ボタンをクリックし、「編集」をクリックします。
  3. Slack設定の画面で通知を受けるイベントを選択し「保存」をクリックします。

【通知を受けるイベントを選択】


Slack連携

  • 削除 – をクリックし、追加したチャンネルを削除した時に通知されます
  • 復元 – 一度削除したチャネルを復元した時に通知されます
  • 編集 – 「編集」をクリックし、内容変更後に「保存」をクリックすると通知されます
  • 開始 – 「Add to Slack」をクリックし、新しいチャネルを追加した時に通知されます

その他、グループ・定型パターン・メンバー・自社情報・取引先のメモ・メールドメイン指定・段階承認フロー・送付依頼・承認設定において変更通知を設定することができます。

以下のイベントに関しては書類の種類ごとに設定できます。書類の種類を指定してから、イベントを選択してください。
【書類の種類を選択】

【通知を受けるイベントを選択】
書類の検収確認、書類を作成、書類を入金消込、書類を削除、書類を受信、書類を復元、書類を承認、書類を無効化、書類を編集、書類を送付、書類を非承認、書類を非承認、郵送を依頼、郵送依頼の投函完了、郵送依頼をキャンセル、セキュア送信をキャンセル、セキュア送信を依頼

 ページTOPへ

.

追加したチャンネルを削除する

  1. ホーム画面の「自社情報」から「連携済みアプリ」タブを選択します。
  2. Slackの連携ボタンをクリックします。
  3. をクリックし、追加したチャンネルを削除します。

 ページTOPへ

.

削除したチャンネルを復元する

  1. をクリックし、追加したチャンネルを削除後)
  2. 削除後の画面上に表示された「復元」するをクリックすると元通りになります。

 ページTOPへ

.

Slack連携を解消する

  1. Slack画面上よりAppの「+」をクリックします。
  2. 「Appディレクトリを表示」をクリックします。
  3. Appディレクトリページの画面右上にある「管理」をクリックします。
  4. 管理画面のAppタブを選択し、「MakeLeaps」をクリックします。
  5. 「アプリを削除する」をクリックすると、Slackとの連携が解消されます。

お問い合わせ

このマニュアルについて不明な点・ご質問などがありましたら、MakeLeapsのQ&Aページ をご覧ください。また、メールや電話でもお気軽にご連絡ください。

MakeLeapsサポート (営業時間:祝休日を除く、平日9:00-12:00 / 13:00-18:00)