10. 仕訳帳・会計システム連携機能

トップページ > MakeLeapsマニュアル > 10. 仕訳帳・会計システム連携機能


個人事業主やスタートアップの事業成長を支える見積・請求・入金管理ソフトMakeLeapsのマニュアルです。


仕訳帳・会計システム連携機能

「仕訳帳」機能では、MakeLeapsでの請求業務のアクションを反映させることができます。また、外部会計ソフト「勘定奉行」や「PCA会計DX」と連携させることができます。
※「勘定奉行」、「PCA会計DX」はオンプレミス版のみ連携可

「仕訳帳」の初期設定をする

  1. 「早期アクセス」より「仕訳帳」の機能を有効化させます。
    ※本設定は、2019年8月1日以前より「MakeLeaps」アカウントを保有されているお客様のみ必要です。
    Early Access
  2. 「仕訳帳」タブをクリックします。
  3. 会計システムの初期設定ページより「初期設定」ボタンをクリックします。
    Bookkeeping_initialization
    ※「これまでの書類データを読み込む」にチェックを入れると、既存の請求書の送付日や入金日を元に取引情報を作成します。無効化されている場合は作成されません。

 ページTOPへ

.

会計システム連携の事前登録をする

MakeLeaps仕訳帳に、会計システム(「勘定奉行」や「PCA会計DX」)とのデータ連携を追加できます。
勘定科目・補助科目・部門などを会計システムからMakeLeapsへインポートしたり、仕訳データを会計システムへ取り込み可能な形式でエクスポートしたりすることができます。

2019年8月1日以前より「MakeLeaps」アカウントを保有されているお客様は、「早期アクセス」より「仕訳帳」機能を有効化していただく必要がございます。詳しくはこちらをご参照ください。

■MakeLeaps単体版をご利用中のお客様

  1. 「プランの変更」のシステム連携より、「勘定奉行連携」または「PCA 会計DX連携」のチェックマークをつけて「申し込む」をクリックします。(ユーザー数・取引先数に変更がある場合は、修正を加えてから「申し込む」をクリックします。)
    Plan_change_obc_pca
  2. 「プランの詳細」でアップグレードが反映されていることを確認し、完了です。

■MakeLeaps for Salesforceをご利用中のお客様

  1. MakeLeaps サポート(support@makeleaps.com)宛て、またはチャットにて会計システム連携をご希望される旨、ご連絡ください。
  2. 担当者より連絡いたしますので、ご連絡をお待ちください。

 ページTOPへ

.

勘定奉行やPCA会計DXのマスターデータをインポートする

「勘定奉行」や「PCA会計DX」に登録されている勘定科目マスターデータ(取引先・科目・部門 等)をインポートします。

  1. 「自社情報」から「連携済みアプリ」のページを開きます。
  2. 表示された連携アプリの中から「勘定奉行」または「PCA会計DX」を選び、「+」アイコンをクリックします。
    OBC_PCA_Connected_Apps
  3. 「インポート」ページ内のプルダウンより、インポートしたいデータを選択します。
    import_Upload_data
  4. 「ファイルを追加」より、「勘定奉行」や「PCA会計DX」のCSVファイルを追加します。
  5. 下部の「データのプレビュー」をクリックします。
    Import_file
    ※[取引先]は「勘定奉行」の場合のみ選択できます。
  6. インポートされるデータを確認し、よろしければ「確定」をクリックします。
    Import_Confirm_import
  7. インポートが開始されます。(データ容量によっては、アップロード完了まで多少お時間をいただく場合があります。)
    ▼インポート完了画面
    Import_done

 ページTOPへ

.

「仕訳帳」の「取引」を検索・確認する

会社の「取引」の検索や一覧画面での確認が可能です。

  1. 「仕訳帳」タブ内「取引」を選択します。
  2. 上部の検索バーより指定条件で絞り込んで「取引」の検索が可能です。
    bookkeeping_Transactions-list
    ●取引の検索:
    キーワード、勘定科目(補助科目)、取引先を軸に取引履歴を検索可能
    ※取引先は、「勘定奉行」からCSVインポート、もしくはMakeLeapsアプリ上で作成可能です。
    ●取引の絞り込み:
    取引の期間や、会計に影響あるMakeLeaps上の請求業務(「会計事象」)をもとに絞り込み可能
    ※会計事象はMakeLeaps側で定義されており、ユーザー側では変更できません。

簡易仕訳と仕訳それぞれをご確認いただけます。

  • 簡易仕訳:仕訳を簡易的にご確認いただけます。
  • 仕訳:簿記で使用される仕訳となります。

また、必要に応じてMakeLeaps上で追加作成や削除も可能です。

▼「+取引を作成する」より追加できます。

create_transaction_01

create_transaction_02

▼各取引の右側のゴミ箱マークより削除できます。

delete_transaction

 ページTOPへ

.

「仕訳帳」の「科目」を確認する

「仕訳帳」タブ内「科目」より「勘定科目」一覧をご確認いただけます。

このページでは、「勘定奉行」からアップロードされた「勘定科目」を一覧でご確認いただけます。
※上部、検索ボックスよりキーワード検索が可能です。
Transaction_list

また、必要に応じてMakeLeaps上で追加作成や編集も可能です。

▼「+勘定科目・補助科目を作成」より追加いただけます。
Create_Account_001
Create_Account_002

▼[編集]ボタンより既存項目を編集いただけます。
Edit_Account_001
Edit_Accout_002

 ページTOPへ

.

「仕訳帳」の「部門」を確認する

「仕訳帳」タブ内「部門」より「部門」一覧をご確認いただけます。

このページでは、「勘定奉行」からアップロードされた「部門」を一覧でご確認いただけます。
Categories_list

また、必要に応じてMakeLeaps上で追加作成や編集も可能です。

▼「+部門を作成…」より追加いただけます。
Create_Categories_001
Create_Categories_002

▼[編集]ボタンより既存項目を編集いただけます。
Categories_edit
Categories_edit_save

 ページTOPへ

.

「仕訳帳」の会計設定を行う

「仕訳帳」タブ内「設定」よりMakeLeapsの会計設定を行うことができます。
Bookkeeping_Setting

「アカウント」から、各イベントに対する科目を設定いただけます。
Setting_Account_001

設定変更後は画面下部の「保存」をクリックしてください。
save

※【「売上」補助科目を利用】、【「売掛金」補助科目を利用】にチェックを入れると、取引先名を元に、取引を自動的に補助科目へ割り当てることができます。
Settings_Account_002

 ページTOPへ

.

「仕訳帳」の仕訳項目を自動作成する

「仕訳帳」タブ内「設定」より仕訳項目の自動作成設定を行うことができます。
設定した操作を行った際、[取引のプレビュー表示]や[取引の自動作成]が可能になります。Bookkeeping_Setting

自動的に仕訳項目を作成したい操作にチェックを入れてください。
設定変更後は画面下部の「保存」をクリックしてください。

Bookkeeping Triggers

上記でチェックした操作を行った際に、以下のように取引の作成画面が表示されます。

create_transaction

※[取引を作成する​]のチェックを外した場合、取引が自動的に作られることはありません。
※鉛筆マークより、各項目(勘定科目、補助科目、取引先 等) を編集できます。

Edit_transaction_view

 ページTOPへ

.

「仕訳帳」の取引データをエクスポートする

「勘定奉行」や「PCA会計DX」勘定科目データ(取引先・科目・部門 等)を使用し、MakeLeaps「仕訳帳」に登録された取引データをエクスポートすることができます。(ファイル形式:CSV)
仕訳された請求関連取引のデータファイルを用いて
、連携先の会計ソフトに反映することが可能です。

  1. 「自社情報」から「連携済みアプリ」のページを開きます。
  2. 表示された連携アプリの中から「勘定奉行」または「PCA会計DX」を選び、設定アイコンをクリックします。
    OBC_PCA_Conntected_Apps_002
  3. 「エクスポート」ページ内にて、指定日を設定の上、「エクスポート」をクリックしていただくと、ダウンロードの準備が開始されます。(少々お時間いただく可能性もございます)
    Bookkeeping_export_MakeLeaps
  4. ファイルリストが表示されたら、ファイル名[勘定奉行]または、[PCA]をクリック
    上記の手順でダウンロードが完了です。

 ページTOPへ

.

「仕訳帳」データを削除する

「仕訳帳」タブ内「設定」より「仕訳帳」データの削除を行うことができます。
Bookkeeping_Setting

ページ内下部【仕訳帳の取消】欄より、「はい、全ての仕訳帳の設定と取引内容を削除します」にチェックを入れ、「取消」をクリックしてください。
Delete_shiwakecyo

※「取消」を行うと「仕訳帳」のデータが完全に削除されますのでご留意ください。


お問い合わせ

このマニュアルについて不明な点・ご質問などがありましたら、MakeLeapsのQ&Aページ も併せてご覧ください。また、画面右下に表示されているチャットマークやメール、電話でもお気軽にご連絡ください。

MakeLeapsサポート (営業時間:祝休日を除く、平日9:00 – 18:00)