3.自社設定

トップページ > MakeLeapsマニュアル > 3.自社設定


個人事業主やスタートアップの事業成長を支える見積・請求・入金管理ソフトMakeLeapsのマニュアルです。


自社設定

ロゴ・社印をアップロードする

  1. 「自社設定」画面を開くと、「ロゴをアップロード」・「社印をアップロード」ボタンが表示されます。
  2. 該当ボタンをクリックし、パソコン内のデータを選択するとアップロードされます。

    ※ロゴ/社印はそれぞれPNG、JPEG、GIFのフォーマットに対応しています。サイズは400×400ピクセルで、最大サイズは1.0 MBまでです。【ロゴの場合】
    How to apload logo:stamp-2
    【社印の場合】
    How to apload logo:stamp-3
  3. 最後に「アップロード」ボタンをクリックすると、アップロードが完了します。

 ページTOPへ

.

英語の自社名を登録する

ホーム画面「自社情報」より、「会社情報を編集する」をクリックし、「英語名」の欄に社名を入力後ページ下部の「保存」をクリックすると登録できます。英語の自社名は、英語テンプレートを選択時に適用されます。

 ページTOPへ

.

請求書の設定をする

※ 請求書以外の書類も同様に設定できます。

振込先を含むデフォルト設定

  1. 書類設定」画面を開き、請求書の行にある「編集」をクリックしてください。
  2. 支払期限、備考欄の文面、銀行振込を用いる際に必要な銀行口座についてのデフォルト設定ができます。スクリーンショット 2015-08-11 13.04.27
  3. ページ下部よりテンプレートを選択し、「保存」をクリックすると請求書のデフォルト設定が完了します。

源泉税を適用する

源泉税を表示させたい場合、まずは源泉税を適用に設定する必要があります。

  1. 自社情報」の「会社情報を編集する」をクリックします。
    スクリーンショット 2016-08-16 11.39.53
  2. 「源泉徴収税を適用」の◻︎にチェックを入れ、ページ下部の「保存」をクリックします。
    スクリーンショット 2016-08-16 11.39.15
  3. 書類の作成画面にて、源泉税の◻︎にチェックをいれると、それぞれの項目ごとに追加することが可能です。
    スクリーンショット 2016-08-16 11.42.06
    ※自動計算の設定をONにしておくと、源泉税が自動的に表示されます

消費税切り捨て/自動計算/書類の税率表示/復興特別所得税の設定

  1. 請求書の編集画面上部に表示される「詳細設定」をクリック
  2. それぞれの項目を選択すると、消費税切り捨て/自動計算/書類の税率表示/復興特別所得税の設定ができます。
    請求書の詳細設定

 ページTOPへ

取引先を追加する

  1. 取引先を追加する場合は、「取引先」ボタン横の「+」ボタンをクリックしてください。
    スクリーンショット 2015-09-04 11.37.07
  2. 表示される画面上の各項目を入力した後、「取引先を作成」をクリックすると取引先を追加できます。
  3. また担当者を追加するときは取引先を作成したあと、後画面下の「担当者を追加する」をクリックし、各項目入力後「連絡先を保存」をクリックすると担当者を追加できます。

取引先を一括インポートする

CSV、Excelのファイルで取引先を一括インポートするできます。

  1. 「自社情報」より「インポート」タブを選択します。
  2. 「顧客データ(Excel/CSV)」をクリックし、サンプルデータをダウンロードします。
  3. Excelを使ってファイルを開き、「インポートファイル雛形(こちらにご記入ください)」のシート上で赤字の必須項目(2つ)と緑字の項目(4つ)を編集してください。
    ※緑字の項目(4つ)は、一部の項目のみ入力されている場合エラーとなりますので、 「全て入力」 または 「全て空欄」 にして下さい。

お問い合わせ

このマニュアルについて不明な点・ご質問などがありましたら、MakeLeapsのQ&Aページ も併せてご覧ください。また、また、画面右下に表示されているチャットマークやメール、電話でもお気軽にご連絡ください。

MakeLeapsサポート (営業時間:祝休日を除く、平日9:00-12:00 / 13:00-18:00)