0. 目次

1.デフォルトの消費税率・軽減税率を設定する

  1. ホームタブ「自社情報」の「設定」タブより、「会社情報を編集する」ボタンをクリックします。
    ※「MakeLeaps for Salesforce (ML4SF)」をご利用のお客様は、MakeLeapsホーム画面の「自社設定」タブより操作を行ってください。
    1.1 edit_company
  2. 「消費税率」欄に「10」、必要に応じてその下の「軽減税率」欄に「8」※を入力し、ページ最下部の「保存」ボタンをクリックします。
    ※軽減税率対象となる商品項目を含めた書類を作成する場合は、こちらの軽減税率設定もおこなってください。

1.2 change_tax_rate
1.3 save

2.テンプレートを軽減税率に対応させる

・定型パターンのテンプレートを設定する

  1. ホーム「書類設定」の「定型パターン」タブより、税率設定を変更したい定型パターンの「編集」ボタンをクリックします。
    2.1.1 presets
  2. ページ中程の「テンプレート」欄にて、プロフェッショナル(軽減税率対応/ 窓付き封筒用・軽減税率対応/英語・軽減税率対応/窓付き封筒用・英語・軽減税率対応)のうち
    ご希望のテンプレートを選択し、ページ最下部の「保存」ボタンをクリックします。
    2.1.2. select_template_preset
    2.1.3 save.png
    作成予約で設定されている定型パターンの設定を変更しないと、今後作成される書類は軽減税率に対応したものになりません。ご注意ください。

・書類作成画面でテンプレートを設定する

  1. 書類の作成画面にて、取引先や商品項目などの必要事項を入力します。
  2. ページ中程の「テンプレート」欄にて、プロフェッショナル(軽減税率対応/ 窓付き封筒用・軽減税率対応/
    英語・軽減税率対応/ 窓付き封筒用・英語・軽減税率対応)のうちご希望のテンプレートを選択し、ページ最下部の「保存」ボタンをクリックします。2.2.2 select_template_document

2.1.3 save

3.商品項目の税率を変更する

・定型パターンで税率を選択する

  1. ホーム「書類設定」の「定型パターン」タブより、税率設定を変更したい定型パターンの「編集」ボタンをクリックします。
    2.1.1 presets
  2. 各項目の税率をクリックすると、「税率8%に設定」「税率10%に設定」「その他税率に設定」が選択できるようになるので、ご希望の税率を選択してください。
    3.1.2 select_tax_rate_template

※複数の税率が混在しない定型パターンの場合は、詳細項目右下の「消費税率」から該当する税率を選択し、項目の一括税率変更もできます。
3.1.3 default_tax_rate

※税率ごとに項目が分類された書類を作成したい場合は、画面右上の「詳細設定」タブをクリックし、「消費税率ごとに項目を分類する」のチェックボックスにチェックを入れてください。

3. ページ最下部の「保存」ボタンをクリックしてください。
2.1.3 save

・書類作成画面で税率を選択する

※デフォルトの税率を10%に設定した場合

      1. 書類の作成画面で項目を追加します。
        3.2.1 lineitems
      2. 各項目の税率をクリックすると、「税率8%に設定」「税率10%に設定」「その他税率に設定」が選択できるようになるので、ご希望の税率を選択してください。
        3.2.2 select_tax複数の税率が混在しない書類の場合は、詳細項目右下の「消費税率」から該当する税率を選択し、項目の税率を一括設定することもできます。
      3. 税率8%と10%が混在している場合は、項目欄の下に各税率の消費税合計と、各税率の対象項目の小計がぞれぞれ表示されます。3.2.3 sum_of_each_tax※複数の税率が混在している状態では、詳細項目右下の「消費税率」から項目の税率を一括変更することはできません。
      4. 税率8%と10%が混在している場合、「PDFをプレビュー」を選択すると、合計欄に各税率の消費税の合計と、各税率の対象項目の小計がぞれぞれ表示されます。3.2.4preview_PDF
        3.2.5 sample_pdf

        ※軽減税率対象外:消費税率8%を含む複数の標準税率を書類に表示させたい場合
        消費税8%の項目の後に表示される「※」マークや、書類上に表記される「※は軽減税率対象品目」といった軽減税率に関する説明を非表示にしたい場合、書類作成・編集画面下部にある[軽減税率項目の説明を隠す]にチェックを入れてください。3.2.5.2 hide_alternate_tax_description
        3.2.5.3 sample_pdf※画面右上の「詳細設定」タブをクリックし、「消費税率ごとに項目を分類する」にチェックを入れると、税率ごとに項目が分類(上段に「標準税率対象」、下段に「軽減税率対象」)されたPDFが作成されます。

        ※「消費税率ごとに項目を分類する」のチェックを外した場合、分類後の項目の並び順のままの表示となりますので、ご留意ください。チェックを入れる前の初期並び順には自動変換されないため、必要に応じて手動でご変更ください。

        3.2.6 separate_by_tax
        3.2.7 sample_pdf

      5. ページ最下部の「保存」ボタンをクリックしてください。
        2.1.3 save.png

・登録した商品項目の税率を選択する

  1. ホーム画面左側メニューより「商品一覧」を選択し、一覧から既存の商品項目をクリック、またはメニュー「商品一覧」右の「+」ボタンをクリックして新規商品項目の作成画面を開きます。
    3.3.1 edit_lineitems
  2. 「標準%」と書かれたボタンをクリックすると選択タブが開きます。「標準税率を利用する」「軽減税率を利用する」「任意で設定した税率を利用する」のうち、ご希望の税率設定を選択して、「保存」ボタンをクリックします。
    3.3.2 select_tax_rate

4.軽減税率に対応した書類データをインポートする

軽減税率の対象品目、または複数の税率ごとの項目金額表示に対応した書類データをインポートする際は、最新版のインポート雛形(サンプルファイル)をダウンロードしてご利用ください。

※上記書類作成が不要である場合:従来の雛形ファイルも継続してサポートしておりますため、引き続きご利用可能です。

  1. ホーム「自社情報」の「インポート」タブより、「書類データ」を選択し、雛形をダウンロードします。
    ※「MakeLeaps for Salesforce (ML4SF)」をご利用のお客様は、MakeLeapsホーム画面の「自社設定」タブより操作を行ってください。
  2. ファイルを開き「はじめにお読みください」を一読します。ここに記載されている形式に従って、シート「インポートファイル雛形(こちらにご記入ください)」に実際に作成されたい書類データを入力します。【従来の雛形ファイルからの変更点】
    ・複数の税率の商品項目が混在する場合、各項目行の「消費税率」と※「税率ごとの小計」「税率ごとの消費税」の値を入力してください。
     ※「自動計算」を適用させる場合は空欄にしてください(入力不要)。
    4.2 edit_import_file_1
    ・税率ごとに項目が分類された書類を作成したい場合は、「消費税率ごとに項目を分類する」のセルに「TRUE」(不要な場合は「FALSE」)と入力してください。
    4.2.2 edit_import_file_2
  3. 「自社情報」の「インポート」タブに戻り、「ファイルを選択」ボタンをクリックして編集したファイルを選択し、最下部の「インポート」ボタンをクリックします。
    4.3upload
  4. 読み取られたデータを確認できたら、「インポートデータを確認」ボタンをクリックします。
    4.4 import_confirmation
  5. インポートが正常に完了すると、以下の画面が表示されます。
    4.5 import_complete

5.既存の定型パターン・商品項目をエクスポートし、一括変更する

本機能は近日中にリリースとなります。今しばらくお待ちください。

6.API連携に軽減税率を適用する

詳しい操作手順はこちら

お問い合わせ

ご不明な点・ご質問などがありましたら、MakeLeapsのQ&Aページも併せてご覧ください。また、画面右下に表示されているチャットマークやメール、電話でもお気軽にご連絡ください。

TEL: 03-4550-1548
Email:support@makeleaps.com
サポート時間:平日 9:00 ~ 18:00 (土日祝を除く)

今すぐ無料で試す