機能

製品連携

セールスフォース連携

顧客管理ツールSalesforceと連携することで、ワンクリックで書類が作成できます。

SalesforceとMakeLeapsがシームレスにデータ連携するため、データの一元管理が可能に。

Salesforceが持つ取引先や商談商品などの情報をシームレスに連携。二重入力、二重管理がなくなるため、作業の効率化やミスの防止が期待できます。

商談情報の一部として書類を管理する

Salesforceの商談オブジェクトに商談商品を設定しておくと、書類作成時にその内容が自動で反映されます。またその商談に関連する書類は、該当の商談画面から確認することもできます。

取引先や案件情報は自動同期

Salesforceが持つ取引先情報は書類作成時や編集時に同期されるため、宛先入力の間違いは発生しません。

商談オブジェクトから書類作成

商談オブジェクトにMakeLeapsの項目を追加することで、商談商品の内容が反映された書類も簡単に作成できます。

MakeLeaps for Salesforce (Salesforce連携版) をご検討中の方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

機能すべてをみる