製品連携

有料オプション RICOH 証憑電子保存サービス連携

発行書類控えに記録された書類データを、RICOH証憑電子保存サービスの発行証憑内の該当フォルダに連携。様々な証憑をひとまとめに。

2022年1月施行 改正電子帳簿保存法に対応*。
様々な証憑の一元管理でさらに便利に!

RICOH 証憑電子保存サービス連携

リコー社が提供するクラウド型証憑書類保存サービス「RICOH 証憑電子保存サービス」と連携して使える証憑電子保存サービス連携機能(有料オプション機能)を利用すると、MakeLeapsの発行書類控えに記録された書類データを、RICOH 証憑電子保存サービスの発行証憑内の該当フォルダに簡単に連携できます。

連携した書類データは、改正電子帳簿保存法に準拠した証憑電子保存することができます。

※ スキャナ保存要件および電子取引要件に対応

RICOH 証憑電子保存サービス連携のメリット

「RICOH 証憑電子保存サービス」は、請求書、納品書、領収書、見積書、注文書など複数証憑の保存に対応!様々な証憑をクラウド上で一元管理することができ、過去の証憑の閲覧・検索も簡単です。

オプション費用について

RICOH 証憑電子保存サービス連携をお使いいただくには、MakeLeaps 基本料金に加えてオプション費用が必要です。詳細は料金プランページをご覧ください。

料金プランページ

RICOH 証憑電子保存サービスについて

「RICOH 証憑電子保存サービス」は、2022年1月施行の改正電子帳簿保存法に準拠した証憑電子保存サービスです。 請求書などの証憑をスキャナ保存要件や電子取引要件に準拠した、リコーがご提供するクラウドストレージに電子保存ができるほか、 法令要件で必要な「取引先名」「取引金額」「取引日」への索引付けは、リコーの入力代行サービスによって正確にデータ化できます。

詳しい詳細は、RICOH 証憑電子保存サービス製品ページ(外部サイト) をご覧ください。

 

無料サービス紹介資料を見る

MakeLeaps機能概要や導入メリット、料金などの
情報を一冊にまとめた資料をご用意!

【お役立ち資料ダウンロード】 請求書の作成から送付、最新の最新法令対応まで請求業務をラクにするお役立ち資料をご用意!
機能すべてをみる