機能

入金管理

口座振替連携サービス

振替データを自動で生成し、入金情報も自動で取り込み。請求・回収の両面で業務の効率化が可能です。

振替データを自動で生成し、入金情報も自動で取り込み。請求・回収の両面で業務効率化が実現できます

「MakeLeaps」は、入金管理を効率化するクラウドサービスです。

口座振替連携サービスは、『MakeLeaps』で作成した請求データをもとに口座振替を実行できる有料オプション機能です。

振替結果を入金データとして『MakeLeaps』に取り込むこともできるため、入金管理をより正確に行うことができるようになります。また、口座振替サービスを利用する場合、一般的な作業フローとして振替依頼データの登録作業、回収結果の消込作業を手入力などのアナログ作業で行う必要があり、大きな業務負担となっていました。 口座振替連携サービスを利用することにより、登録作業もデジタル化することで簡素化され、経理業務の大幅な省力化・効率化を実現します。

口座振替による請求・回収を効率化

口座振替サービスをご利用の場合、振替データを自動で生成し、入金情報も自動で取り込み。請求・回収の両面で業務の効率化が可能となります。

入金消込をより確実に

取引先による口座送金を待つのではなく、金額を指定して取引先口座から引き落としを実行。振込期日のズレや金額の不一致が発生するリスクを減らし、請求情報と入金情報の紐付けもより確実に行うことができます。

口座振替連携サービスのお申し込みについて

RICOH 口座振替連携サービス for MakeLeaps のご利用には別途、リコージャパン社との契約が必要となります。料金等の詳細は下記ウェブページをご覧ください。

 

機能すべてをみる