MakeLeapsを販売する3つのメリット

※ 今回のウェビナーはSalesforce AE様向けの限定セミナーのため、エンドユーザーさまへのご展開はされないようお願いいたします※

こんにちは!メイクリープスの出井です。

請求管理クラウドアプリ「MakeLeaps for Saleforce (略称:ML4SF)」は、経理担当者が「請求業務をデジタル化したい」そのお悩みを解決するだけの製品ではないんです!

実はAEの皆様にとっても「とても嬉しい製品」なんです!

そこで今回は、下記について勉強会形式でオンラインセミナーを実施いたします。

・そもそもMakeLeapsを販売するとどういったメリットがあるのか

・Salesforce定着化、ターゲット層、客へのアプローチ、競合について

皆さま是非ご参加ください!

【セミナーのポイント】
☆ ML4SFを販売するメリットとは?ML4SFでSalesforceが定着化することによるメリットをご紹介
☆ どういった顧客に販売したらいいのか? 過去の事例から業種や事業規模によって適したアプローチをご紹介
☆ SalesforceとML4SFがどのように連携しているか、機能を解説

【本セミナーをオススメする方】
☆ 既存顧客に対しての切り口(ドアノッカー)商品を探している
☆ 見積/発注/納品/請求/検収/領収書をSalesforce外で管理している顧客がいる
☆ Salesforce内で帳票作成・発行・管理を巻き取り、定着化につなげたい