【機能アップデート】カスタムCSVインポート機能をリリース

MakeLeaps機能アップデート

いつもMakeLeapsをご利用いただきありがとうございます。

自社で使用している基幹システムから出力されるファイルフォーマットを使用して、MakeLeapsへ書類データをインポートできる新機能「カスタムCSVインポート」がリリースされました!

これまで外部システムからエクスポートした書類データをMakeLeapsへインポートする場合、MakeLeapsでインポート可能な形へ変換する必要がありましたが、本機能を利用することでその一手間をなくすことができます。

大まかな流れをご紹介します。

【初回のみの操作】

  1. 「カスタムCSVインポート」(1000円[税抜] /月)のオプション機能に申し込む
    お申し込み方法はこちらのマニュアルをご確認ください。
  2. 基幹システムからCSV形式で書類データをエクスポートする
  3. 手順2にてエクスポートしたデータとMakeLeapsでマッピングの設定を行う
    CSVファイルの列名とMakeLeapsの項目名を紐づける作業です。(例:CSVファイルの [伝票番号] をMakeLeapsの [書類番号] へ反映させる)

【毎月の操作】
基幹システムからエクスポートした書類データを、MakeLeapsへインポートするだけで書類作成が完了します。
※アップロード結果の閲覧もできます。

▼機能概要

  • 対象書類:請求書・見積書
  • 対象プラン:「法人プラン」または「エンタープライズプラン」

▼参考ページ

複数列を一つの項目にまとめて表示する設定や、繰越金額の表示、行のスキップなど細かい設定も可能となっています。
本機能を利用し、毎月の書類作成時の手間を削減し、更なる効率アップを目指しましょう。

初回のマッピングの作業については、導入時のサポートも対応しております。ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

今後ともMakeLeapsをよろしくお願いいたします。

MakeLeaps

MakeLeapsは見積書・納品書・請求書の発行管理クラウドソリューション。このブログでは、国内のフリーランスや中小企業の読者の悩み解決・成長に役立つ情報やMakeLeapsのニュースなどをお届けします!

MakeLeapsの他の記事