【機能アップデート】ML4SF 書類データをSFに同期する

MakeLeaps機能アップデート

いつもMakeLeapsをご利用いただきありがとうございます。
MakeLeaps for Salesforce(略称、ML4SF)をご利用中のユーザー様へ、機能アップデートのお知らせです。

今まではSalesforce側のデータをMakeLeaps書類へ反映させるという一方通行のデータの流れでしたが、今後はMakeLeapsの書類データをSalesforceに逆同期させ、活用することができます。

▼同期されるデータのイメージ:

同期されるデータのイメージ

▼活用例:

  • 請求書のお支払期限日をSalesforceの商談に反映させて管理したい
  • 見積書の金額をSalesforceの取引先に反映させてレポートで活用したい

設定方法や同期可能なデータはこちらのマニュアルをご確認ください。
https://help.makeleaps.jp/ja/articles/5440607-ml4sf-書類データ逆同期機能について

【参考】
ML4SFについて

こちらの機能を活用することで、ますますML4SFの活用の幅が広がるかもしれませんね。
今後とも「MakeLeaps」をよろしくお願いいたします。

MakeLeaps

MakeLeapsは見積書・納品書・請求書の発行管理クラウドソリューション。このブログでは、国内のフリーランスや中小企業の読者の悩み解決・成長に役立つ情報やMakeLeapsのニュースなどをお届けします!

MakeLeapsの他の記事