【Tips】自社のメールドメインを指定しセキュア送信の開封率を向上させる

tips

いつもMakeLeapsをご利用いただき、ありがとうございます。
今月のTipsは、セキュア送信を頻繁に使われる方必見の内容です。

セキュア送信(メール送信)で取引先に書類を送る場合、注意しなければならないのが「先方がきちんと書類を確認したか」という点です。

多い人では、1日に200通以上のメールを受信するという人もいます。
その大量のメールに請求書を送付したメールが埋もれてしまっていると、入金漏れが発生する可能性も出てくるので、受取手に「○○さんからのメールだ。請求書かな?」と気づいてもらうことは非常に重要です。

そこでぜひ活用していただきたいのが、メールドメイン指定のオプション機能です。
このオプション機能を利用していない場合、セキュア送信で送られたメールは [bounce@makeleaps.com] というメールアドレスから送付されます。
しかし、メールドメイン指定を利用すれば、自社のドメインを送信元としてメールが送付されるため、ご自身から送られたメールであることを示すことができ、メールの開封率アップが期待できます。

【メールドメイン指定:利用例】
 メールアドレスのドメインが [@abc.com] の場合

  • 利用前:bounce@makeleaps.com
  • 利用後:keiri@abc.com

※本機能はオプション機能のため、利用料金とは別に ¥5,000(税抜) /月 がかかります。

詳細は、マニュアルページをご確認ください。
メールドメインを設定する[オプション機能]

本機能をご利用いただいているユーザー様からも、「最初から入れておいてよかったと思う追加機能です。」と嬉しいお声をいただいております!
【ML4SF 導入事例】部署を超えて現場担当が本気の業務改善。導入成功のポイント3つ (株式会社PLAY)

オプション機能を利用して、より適切でスムーズなビジネスコミュニケーションを実現しましょう。

もう少し機能について詳しく知りたいという方は、下記のメールアドレスまでお気軽にご相談ください。
success@makeleaps.com

引き続き、MakeLeapsをよろしくお願いいたします。

MakeLeaps

MakeLeapsは見積書・納品書・請求書の発行管理クラウドソリューション。このブログでは、国内のフリーランスや中小企業の読者の悩み解決・成長に役立つ情報やMakeLeapsのニュースなどをお届けします!

MakeLeapsの他の記事