【機能アップデート】PDF一括送付がパワーアップ

MakeLeaps機能アップデート

いつもMakeLeapsをご利用いただきありがとうございます。
機能アップデートのお知らせです。

今年リリースされたPDF一括送付がパワーアップし、詳細な設定ができるようになりました!

▼そもそもPDF一括送付ってどんな機能?
外部システムで作成したPDF書類のみをMakeLeapsの送付機能(郵送代行、セキュア送信)を使って送ることができるオプション機能(¥1,000 [税抜]/月)です。
詳細はこちらのヘルプセンターページをご確認ください。

アップデート内容

  • PDFファイルインポート時に送付内容の設定が可能に
  • 一度にアップロード可能なファイル数の上限が大幅アップ
  • 送付ステータスの確認がかんたんに

以下、アップデートの詳細内容です。

■  PDFファイルインポート時に送付内容の設定が可能に

アップデート前はPDFファイルをインポートする際に送付設定を行うことはできず、インポート後に「送付前確認」の画面で送付設定をする必要がありました。
しかし、今回のアップデートでPDFファイルインポート時に下記の設定をすることができるようになりました!

  • セキュア送信の件名
  • セキュア送信の本文
  • 郵送代行のスタンプ選択(封筒上の表記)

上記の設定は、インポート画面の「詳細設定」から設定できます。

PDF一括送付 詳細設定画面

今回のアップデートにより、対象のファイルの設定を一画面でまとめて行い、「送付前確認」の画面では「書類を送付」のボタンを押すだけとさらに簡単になります。
ミスの防止や送付作業の効率化が期待できますので、ぜひご利用ください。

■  アップロード可能なファイル数の上限が大幅アップ

アップロード可能なPDFファイル数の上限が、100個から1,000個へ変更となり、一括でまとめてアップロードできるようになりました。

なお、下記の2点はこれまでと変更ありません。

  • 1つの送付で同封可能なデータサイズは<20MB>まで
  • 郵送代行サービスの場合、1回の送付の枚数上限は200枚まで

■  送付ステータスの確認がかんたんに

これまでPDF一括送付で送った書類の送付状況は、「履歴」タブの「送付履歴」からではないと確認することができなかったため、一つ一つ該当書類を検索しなければならず、検索に手間取ってしまった、という方もいらっしゃるかもしれません。

今回のアップデートにより、PDF一括送付の「アップロード結果」画面で過去に送付したPDFファイルの送付状況、参照状況を一覧で確認できるようになりました!

アップロード結果画面

PDF一括送付を頻繁にご利用になる場合は、この「アップロード結果」画面をご利用ブラウザのブックマーク登録しておくとすぐにアクセスできるので便利です。

PDF一括送付の操作方法については、こちらのリンクをご確認ください。

元々PDF一括送付は、テレワークなどオフィスにいない環境でも、いつでもどこからでも書類送付ができるようにと開発された機能でもあります。
もっと使いやすくなった本機能をぜひ業務改善にお役立てください!

今後とも「MakeLeaps」をよろしくお願いいたします。

MakeLeaps

MakeLeapsは見積書・納品書・請求書の発行管理クラウドソリューション。このブログでは、国内のフリーランスや中小企業の読者の悩み解決・成長に役立つ情報やMakeLeapsのニュースなどをお届けします!

MakeLeapsの他の記事