【機能アップデート】インポート機能で自社情報の指定が可能に

【新機能】インポート機能がアップデートされました!

いつもMakeLeapsをご利用いただきありがとうございます。
機能アップデートのお知らせです!

多くのユーザー様にご利用いただいている書類インポート機能にて以下のアップデートがリリースされました。

■書類データインポート時に以下を指定可能

・自社情報、差出人情報

・[消費税切り捨て]などの書類設定

以下、アップデートの詳細内容です。

■ 書類データインポート時に自社情報、差出人情報の指定が可能に 
今回の機能追加により以下の情報を書類データインポート時に指定が可能となります。

自社連絡先:

  • 自社住所形式
  • 自社国名
  • 自社郵便番号
  • 自社県名
  • 自社市区町村
  • 自社マンション・ビル名
  • 自社電話番号
  • 自社Fax番号

※特定の自社連絡先を指定したい場合、登録されている情報を全てご入力下さい。
 空欄にした場合は、デフォルトの連絡先が反映されます

差出人情報:

  • 自社担当者肩書
  • 自社担当者
  • 自社担当者Eメール

上記のアップデートにより、複数の自社連絡先を登録している場合でも、デフォルトの連絡先以外の連絡先をインポートファイル上で指定し、差出人欄に記載することが可能となります!

これにより、例えば複数の支社でMakeLeapsをお使いの企業様でも、書類ごとに各支社の連絡先を指定することが可能になり、「大阪支社から発行した書類の問い合わせが東京本社に来てしまった」などのケースを避けることができます。
ぜひみなさまのケースに応じて、ご活用ください!

■ 書類設定機能

これまでインポートファイル上では指定ができなかった下記の情報もインポートファイルから設定し取り込むことが可能となっております。

  • 消費税切り捨て
  • 書類の消費税率表示
  • 復興特別所得税
  • 社印の表示
  • 項目ごとの金額や合計金額などを書類に表示
  • 書類の合計金額などを表示

システム上でしかできなかった細かい設定もインポートファイルから指定ができるため、枚数が多い場合でもインポートファイルから一括でかんたんに書類作成ができます。

[自社情報]タブ内の[インポート]ページより、新しい専用インポートファイルをダウンロードいただき、ぜひお試しください!

なお、これまでご利用いただいていたインポートファイルに関しましても、引き続き利用可能となっております。上記機能をご利用にならないユーザー様に関しましては、これまで通りインポート機能をご利用ください。

また、今回リリースされた機能の他にもご要望等ございましら、ページ右下のチャットマークよりお気軽にお問い合わせください。
今後も「MakeLeaps」をよろしくお願いいたします!

MakeLeaps

MakeLeapsは見積書・納品書・請求書の発行管理クラウドソリューション。このブログでは、国内のフリーランスや中小企業の読者の悩み解決・成長に役立つ情報やMakeLeapsのニュースなどをお届けします!

MakeLeapsの他の記事