【ML4SF新機能】「リード」の自動同期に対応 – バージョン1.8 (1.8.0)

「リード」との自動同期に対応しました

取引先、商談、取引先責任者に加え、「リード」内でも書類の作成管理が可能になりました。

スクリーンショット 2016-07-21 午後10.19.55

Classicの場合

 

スクリーンショット_2016-07-21_17.29.08

Lightning Experienceの場合

取引が開始され、「リード」が「取引先」に変換された後も、作成された書類は引き継がれます。

▶︎「リード」同期の設定方法(ML4SF設定マニュアル)


Lightning対応を更に強化

Lightning Experience利用時の操作画面を見やすく改善しました。
スクリーンショット 2016-07-20 午後9.06.27

▶︎ Lightning Experience への変更方法 (ML4SFマニュアル)


更新情報

バージョン名:      バージョン1.8 (1.8.0)

更新内容

  • リードからの書類作成、閲覧、送付に対応
  • Lightning Experienceへの対応強化

関連リンク

 

お問い合わせ

 MakeLeaps サポート

  03 4550 1548
moc.spaelekamnull@troppus
(平日9:00-18:00)

MakeLeaps

MakeLeapsは見積書・納品書・請求書の発行管理クラウドソリューション。このブログでは、国内のフリーランスや中小企業の読者の悩み解決・成長に役立つ情報やMakeLeapsのニュースなどをお届けします!

MakeLeapsの他の記事