【新機能】「書類の無効化」機能を追加しました

feature_update_image

「書類の無効化」機能を追加しました!
無効化された書類は送付できなくなり、売上レポートなどに反映されなくなります。取引が中断した場合や、再発行して不要となった場合などに役立ちます。

こんな時に使える

1 (1) 取引は中止されたが、発行した書類データは残したい
2 不要となった書類の誤送付を防ぎたい
3 入金のなかった書類を売上として計上したくない

ご利用方法

書類一覧より、該当書類を選択し右メニューより「書類の無効化」をクリックします。
書類番号に取り消し線が入り、送付ができなくなります。

スクリーンショット 2015-12-15 10.57.04

※有効に戻す方法はこちら

「無効化」と「削除」の違い

スクリーンショット 2015-12-21 11.09.40  無効化

  • 書類一覧ページに表示され、編集・複製・変換可能
  • 送付・承認の無効化 (全書類)
  • 発注機能の無効化  (見積書・発注書)
  • 入金消込・カード決済機能の無効化、レポートの非表示 (請求書)

スクリーンショット 2015-12-21 11.09.40  削除

  • 書類一覧ページに非表示
  • 全アクション不可 (書類の復元後に可能)

対象プラン

全プランでご利用いただけます。

スクリーンショット 2015-10-13 12.09.30

 MakeLeapsサポート

 Q&A makeleaps.jp/q-a/
(03) 4550 1548
support@makeleaps.com

MakeLeaps

MakeLeapsは見積書・納品書・請求書の発行管理クラウドソリューション。このブログでは、国内のフリーランスや中小企業の読者の悩み解決・成長に役立つ情報やMakeLeapsのニュースなどをお届けします!

MakeLeapsの他の記事