【導入事例】次世代のスタートアップを応援!NPO法人Startup Weekend

スクリーンショット 2015-05-19 11.44.54

NPO法人Startup Weekendは、週末の54時間で起業体験を提供するコミュニティの運営を行っています。
経営者の李さんが請求管理クラウド「MakeLeaps」を導入するに至った経緯からどのように利用しているのかを伺いました。

全国各地にいるチームと、請求情報をリアルタイムで共有

lee

「Startup Weekendのイベントは北は札幌から南は沖縄までの都市で開催されており、請求情報 の共有がうまく行かず、困っていました。」

毎週のように全国で開催されるイベント運営に伴い、請求書の発行業務、売掛管理に手間を取られ、困っていました。以前は請求業務を一元化するため、全国に送られる全ての請求書を1カ所で作成していました。

全国に約50名のイベントオーガナイザーを持つStartup Weekend。MakeLeapsを導入後、全国のオーガナイザーが、クライアントに対し同一様式で請求書を簡単に発行できるようになりました。

Startup Weekend って何?

スタートアップウィークエンド(SW)とは、あたらしいなにかをつくりだす「スタートアップ体験イベント」です。週末だけであなたは、アイディアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。

SWは金曜の夜、みんながアイディアを発表するピッチから始まります。そしてハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、日曜の午後までに、ユーザーエクスペリエンスに沿った必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。ハスラーはマネジメントとビジネスモデルの検証を、ハッカーは機能の開発を、デザイナーは使いやすいデザインを担当します。ともに顧客開発に臨みます。

全世界で13,000以上のスタートアップがここから生まれています。起業や何か始めてみようと思ったら、まずは参加してみて下さい!

MakeLeapsは、Startup Weekend オフィシャル スポンサーです

スクリーンショット 2015-05-18 16.50.56
(※画像は2015年5月18日現在)

スクリーンショット 2015-05-19 午後3.32.43

詳しい内容・お申し込みはこちら
日時:2015年5月22日〜24日
参加費:9000円 ※食事(朝/昼/夕 計7回)、ドリンク付
会場:株式会社ENERGIZE 

MakeLeaps

MakeLeapsは見積書・納品書・請求書の発行管理クラウドソリューション。このブログでは、国内のフリーランスや中小企業の読者の悩み解決・成長に役立つ情報やMakeLeapsのニュースなどをお届けします!

MakeLeapsの他の記事