MakeLeapsユーザー紹介 : 日の出ソフト株式会社の田中英和さん

本稿では、MakeLeapsのユーザー様である日の出ソフト株式会社田中英和さんをご紹介します!

hinodesoft_tanaka_2_ed2

どんなビジネスですか。創業した理由は?

開発経験、評価経験が豊富な高度な技術者集団

弊社はソフトウェアを作るのではなく、ソフトウェアの品質を評価することを主な事業としており、ソフトウェアの開発経験、評価経験が豊富な高度な技術者集団です。仕様書通りに動作することを確認するだけでなく、ユーザーにとって使いやすいシステムが出来上がっているか、利用者の視点でソフトウェアシステムを評価します。だからといって、バグを数多く出すだけのソフトウェア開発者が疲弊するようなやり方ではありません。私たちに評価を任せていただくことで、開発者は安心してよりよいソフトウェアを作ることに専念でき、そのソフトウェアを利用者が使って幸せになるような、みんなが喜ぶ評価方法を確立すべく起業しました。

競合社に比べて、どのような強みがありますか。

独自の評価方法をご提案。

要件定義〜基本設計まで自社で行い、そこから先の詳細設計や実装は外部委託やオフショアに出しているようなソフトウェア開発会社様が弊社の一番のお客様です。例えば、納期管理、コスト管理に追われ、品質コントロールの困難な開発プロジェクトを手がけられている業務システム系のSIer様、組込機器メーカー様、ECサイトなどのWEBシステム開発会社様などです。

これらのお客様に対して、私たちは2つの柱となる独自の評価方法をご提案しています。
一つは「日の出スキップ」(Hinode Software Quality Improvement Project)で、ソフトウェア評価(テスト)で考えなければならない事柄を網羅したドキュメント体系を持っています。たんなるドキュメントのテンプレートではなく、半自動的に作成できるようにツール化しています。

もう一つは、独自のソフトウェア開発モデルです。VモデルでもWモデルなどが有名ですが、これらをベースに、新しい開発モデルを考案しました。ソフトウェア開発プロジェクトにこの開発モデルを導入いただくことで、より効率的で高品質なソフトウェアが出来上がるようになります。

ここ一年の大きなニュースは何ですか。

改良・実践の日々。

まだ創業して間もないので、現在は私たちの評価方法を開発現場で日々改良しつつ実践し、その効果を示すデータを収集している段階です。

MakeLeapsをいつから利用していますか。

初めての請求書をMakeLeapsで発行!

創業したての弊社にとって記念すべき初めての請求書をMakeLeapsで発行しました!このことは一生私たちの記憶に残ることでしょう。Facebookで知人が「いいね!」をしていたのが目に留まり、気軽に始められそうなので使い始めました。

MakeLeapsの印象・ご感想を聞かせてください。

ちょうどよいバランス。

煩雑すぎず、機能が不足するわけでもなく、ちょうどよいバランスで使いやすいサービスです。今は使っていませんが郵送サービスも便利そうです。というよりも、郵送サービスを使わないと追いつかないくらいの事業規模にならないといけませんね。

向原 愛海

向原愛海はMakeLeapsの広報・PRを担当しています。以前まではカスタマーサポート、営業、パートナーシップ構築担当、コンテンツマーケティング、セミナー講師としても活躍しています。報道関係者様で取材・記事化に興味のある方はぜひ aimi@makeleaps.comまでお気軽にご連絡ください。

向原 愛海の他の記事