スタートアップの創業者であることはどんな感じですか?

今朝、Quoraの記事を読んでいました。多くの起業家がスタートアップ経営についての経験やその手応えについて共有しています。

この引用には深く共感しました。

経営者は、時にお客様の親になったかのように感じることがある。どれほど愛していても、その愛情はなかなか理解されない。しかし、お客様がいて初めて、自身がまともであると感じられる。一人一人を抱きしめたいくらいになる。それは、経営者にとってお客様が全てを意味するからであろう。

Jay Winder

Jay Winderはオーストラリア人のMakeLeaps共同設立者です。武道を学ぶため2001年に来日し、2003年にWebnetITというITコンサルティングのビジネスを立ち上げ、2010年には”日本国内のフリーランスやビジネスの将来性を確実に広げる”というビジョンのもとMakeLeapsを設立しました。良かったらTwitterのフォローもよろしくお願いします。特にMakeLeapsユーザーからのツイートは大歓迎ですので、お気軽にツイートして下さい!

Jay Winderの他の記事