日本人が英語ができない理由

日本は中学1年生から英語を教育しているのにもかかわらず、大学を卒業しても英語圏の5歳児ともまともな会話ができない人が多い。

それはなぜでしょうか?

実は、日本という国自体が英語学習に数多くの阻害要因をはらんでいるのです。このブログでは、なぜ日本が英語教育に向かないかをまとめました。

1.英語の教育方法

日本では「訳読方式」という方法で英語を教育しています。「訳読方式とは?」と思われた方は、学生時代を思い返してみてください。英語の授業は、教科書や黒板に書かれた英文をひたすら訳して覚える教育ではありませんでしたか?この教育方法こそが訳読方式なのです。「英語を日本語で学ぶ」やり方では学習速度は落ちるばかりでしょう。

もしも「翻訳家」を目指すのなら、訳読方式は最適な教育方法です。しかし、「自由に英語を話す」ことが目的の場合、訳読方式は向いているとは言えない学習法です。英語を`話す・聞く`練習をしないからです。現在の日本の教育機関では、英語習得をしている教職員数が不十分であるということも大きな阻害要因でしょう。不十分な知識のままでは十分な教育をしているとは言えないからです。

さらにこの訳読方式。訳している内容が実践的でなかったりします。
例えば、日本人なら誰でも知っている“This is a pen” という文章が有名なフレーズです。
考えてみてください。「これはペンです」というフレーズを、日本の一般社会の中で使いますか?なかなか使う機会はないですよね。

2.英語を話せなくても困らない環境

皆さんはどのようにして日本語が話せるようになったかを思い出してみてください。最初は、親や親戚が話す言葉を聞いて、その言葉をまねしているうちに話せるようになったのではありませんか?そして、学校へ通い、新しい単語や文章を学び、日本語が上達しましたよね?つまり、言語というのは、日常的に使い続けることによって話せるようになり、上達するものなのです。

では、皆さんの普段の生活を振り返ってみてください。日常生活で英語が使えなくて困ったことはありますか?なかなかそのような環境はありませんよね。東京都心部や観光地で外国人に道を尋ねられたぐらいの方がほとんどではないでしょうか?日本にいる限り、外国語を学ばなくても生活していくことができます。例え学校で英語を学んだとしても、日常的に使用しなければ定着しません。

子どもの時に海外に在住していた、いわゆる「帰国子女」の人も日本に来ると英語を忘れる方が多いですよね。一度覚えたとしても、使い続けないと記憶は薄れていきます。頭の片隅に英語の情報は追いやられてしまい、ついには忘れてしまうからです。

筆者も、小学1~5年生の時に日本のインターナショナルスクールに通学していました。小学6年生から1年半オーストラリアに留学した経験もあります。当時は英語圏の子供と同等程度の語学力がありましたが、中学1年生の時に帰国してから英語をかなり忘れてしまいました。前述の通り、日本では学校の授業以外で英語を使う機会がないので、年齢を重ねるごとに記憶が抜け落ちていったのです。

3.日本語が英語の定着を阻害

意外なこととして、じつは第一言語として日本語を習得したことにより、英語の定着のハードルが高くなっている可能性もある。

日本で英語教育を受けた人なら、英文法の「SVO」は有名ですよね。Sは主語 (Subject)、Vは 動詞 (Verb)、Oは目的語 (Object)。英語の文構造はSVOの順に形成されているシステマチックなものです。しかし日本語の文構造では反対で、VOが逆なのです。

[英語の場合]

S   V     O
I   Love   You

[日本語の場合]

S      O     V
私は、 あなたを 愛しています

また、日本語を話せることによって英語が定着しにくい理由がもう一つあります。それは発音です。英語を話す時に、日本語では使われてない発音方法があります。それは、無声音とよばれるものです。「無声音」とは声帯を震わすことなく発する音で、アルファベットの子音がこれに該当します。無声音の逆は「有声音」といい、声帯を震わせて発音する方法です。日本語は全てが有声音のため、無声音は存在しません。日常的に使わないものは認識がなかなかできません。そのため、無声音が区別できないことによりネイティブの英語発音が聞きづらくなります。

一つ例を挙げましょう。パンを英語でなんといいますか?そう、Breadですよね。それでは、このBreadの音節はいくつあると思いますか?

bu  re e do
“B r e a d”

上記の読み方が正しい読み方です。音節は4つだと思う人が多いかもしれません。
しかし、 “Bread”は、実は1音節しかありません。
英語の音節の基本は、子音+母音+子音、つまり無声子音+母音+無声子音でワンセットです。日本人は感覚的に把握することができません。そのため、”bread”を4音節あると感じて聞こうとします。けれども実際にネイティブが発音する”Bread”を聞くと、一瞬にして耳を通り抜けたような感じがして、頭に残りません。これが「日本人がネイティブの英語発音が聞き取れない」という感覚です。

聞き取れないことで、話すことにも阻害が発生します。人間は自分が聞き取れない発音は口で発することができないからです。逆もまた然りですね。

まとめ

これを見ている学生の方がいれば、周りの反応や日常的な阻害要因をプラスに考えて一生懸命英語の発音を練習してほしいと思います。実は、日本訛りの英語と日本語で発音する英語はまったく違います。前者は外国人にも通じるのに対して、後者はほとんど通じません。(3)で触れた通り、外国人と日本人で英語の音節の認識にズレがあるからですね。できることーそれはもう日常的に英語を使うように習慣づけ、そして学び続けることしかありません。

MakeLeaps

MakeLeapsは見積書・納品書・請求書の発行管理クラウドソリューション。このブログでは、国内のフリーランスや中小企業の読者の悩み解決・成長に役立つ情報やMakeLeapsのニュースなどをお届けします!

MakeLeapsの他の記事

20件のコメントがあります。

  1. Tachibana
    2011年08月18日

    I played with my friends.はSVOの構文の例としては不適切ではないでしょうか? with my friendsは動詞の目的語ではなく副詞句です。 playを他動詞で使うなら
    I played baseball with my friends.
    のように目的語が必要です。

  2. Juzou Takayanagi
    2011年08月18日

    ご指摘ありがとうございます。
    確かにそうですね。直しておきます。

  3. スペースで主張を強調するのは頭が悪そうに見えるのでやめた方がいいですよ^^

    日本語を忌み嫌っているような感じがひしひしと伝わってくるわけだけど、
    なぜ日本人が英語を操れないかというと、日常的に「英語を使う必要」が無いからで
    例えば学術用語でも日本語で事足りる場合が多い。これが例えばインドネシア語だと
    表現するための言葉が見つからないために英語を学んだりする必要がある。
    つまり、日本語はそれなりに使える言語であってわざわざ英語を学ぶ必要性(利点)が薄い。

    まぁ、こんなこと言ってたら取り残されていく時代なんですけどね。

  4. 4の「周囲の空気」の件は全く同意です
    両親の職業の関係でドイツ・イタリア・スペインと生まれてから15年海外で生活し
    突然日本の普通科高校に入ったときの英語の授業は衝撃でした。
    「外国の言葉を喋るのが恥ずかしくなった」と一瞬でも思った自分が居たことは確かです。
    学校の授業で失敗もしていないのにヒソヒソと笑われるのは気持ちのいいものではありませんでしたから。
    今後はそのような僻みや妬みも少なくなるのでしょうが 日本の文化?としての島国根性が残っている限り
    日本人は外国の言葉を受け入れられず、外国の文化に触れる機会も逃すのでしょう

  5. え、俺ペラペラだけど、TOEICも満点だし。日本人は英語かなりできるよw

  6. どうでもよくて恐縮なんですが
    無声子音: s, t, k, etc
    有声子音: z, d, g, r, n, etc

  7. 仰っている通りに、日本人がネイティブスピーカーの言っていること(特に早口の場合)が聞き取れない理由の一つに、この言葉の音節に対する認識があると思います。言葉を覚える時にカタカナじゃなくてIPA記号で表記。ネイティブの音声のまま覚えることが大事だと思います。

  8. 中学1年になったばかりの時、担任が英語教師で、1日3ページ教科書を写すのが、毎日にの宿題だった。テストの成績は良かったが、担任が変わった2年以降は、成績は急降下した。

  9. 日本の学校における英語教育は英会話を目的にしたものではありません。
    指摘されているように、そんなもん必要ないのです。
    日本の英語教育は、外国の知識を取り入れるための英訳を目的としています。
    かなり効率的な教育になっていますよね。

  10. 日本の学校における英語教育は英会話を目的にしたものではありません。
    指摘されているように、そんなもん必要ないのです。
    日本の英語教育は、外国の知識を取り入れるための英訳を目的としています。
    かなり効率的な教育になっていますよね。

  11. 学生が英語を読み書き出来るようになってしまうと、言葉だけでコミュニケーションが取れる世の中があることを知ることになり、日本語をあいまいにすることで作られる世界を壊すことになりかねないので英語教育は避けるようにしているのではないでしょうか。
    まず影響の出るのが国語(あいまいで意味が無く国際競争力が無い)、社会(先の戦争以前の国策に論理一貫性の無いことが露呈する)かと思います。

  12. >>例えば、日本人なら誰でも知っている有名な “This is a pen” というフレーズがそうである。
    考えてみてほしい。「これはペンです」というフレーズを 日 本 の 日 常 生 活 で 使 う こ と は あ り ま す か ?
    あれ?これなんやろ?、なんか得体のしれない棒やな~耳掻きかな?ねじ回しかな?串かな?
    誰かこれなにか教えてください

     “This is a pen”

    盲目の人もいる。

  13. Inging0101
    2011年08月20日

    仰るとおり!!
    ただ、ひと昔前より有利なのは、ネット環境&スカイプなどの登場で、
    安い金額で英語圏の人たちと手軽に会話が楽しめること。

    まず、はじめの一歩を出すのに皆臆するけれど、
    やってみれば、寒い日のプールと同じ、意外にあったかい^^

  14. 日本が植民地でないが故の悩みというべきか。
    だからと言って自ら植民地もどきになろうとする必要はないと思う。

  15. 自己学習の意思がなければ、外国で留学しても問題は変わらないと思います。

    自分を例として言えば、イギリス植民地だった香港出身で、今の日本にいます。

    だけどある程度の日本語を学んでから生活に支障が出ないと言って、

    日本語勉強の意欲が薄めていくのです。

    外国人の入国管理局でよくあるケース:永住権もらった人たち、カウンタであやふやで説明してる姿。。。

    でも私が見えたのは5つ目の理由、それは:島国の歴史(自給自足)があってから、

    今の社会面で十分のサポートが出来てる。それは理由2がある理由だと思います。

    そこから理由1と4が出来た(国民からその必要性を疑う)と思います。

  16. 満点とはいえ、ただの数字だ

    出来るかどうかは自分のこころに聞いて分かるから

    数字に自慢することは今の人間社会の一番の教育問題だ。

  17. できる人はできるとは言いません
    只それだけのこと
    TOEICごときで言語は理解したとしても、歴史文化の理解ができていなければ
    言葉の意味などないに等しい

    日本人の表面的な数字に拘る心情が良く出ているレスポンスですよね

  18. 2,3,4はともかく1は同意しかねるなあ
    高校までの英語なんて基礎でしょ?基礎をやってる段階なんだから訳さなきゃ理解できるわけないじゃない。
    ネイティブの先生は英語を英語のまま理解するのはupper-intermediateからで十分だって言ってたけど俺はそっちに同意かな
    更に言うと日本の英語教育なんて喋るためのものじゃないんだよね。
    答えはあんたが2で言ってるように、この国で英語を喋らなくても問題なく生きていけるから。
    読み書き、聞き取りさえできれば、海外のサイトや論文、本、映画など教養目的でのインプットもできるしフェイスブックやメールとかで意思疎通もできる。
    そのための英語教育。ごく一部の英語を必要とする人間、生業とする人間のために、スピーキングに力を入れる筋合いは無い。
    リスニングやリーディングにもっと力を入れてくれれば日本の英語教育もいいもんだと思うよ。
    もしあんたの英語が学生時代にヘタれたのを英語教育や教師のせいにしてるならとんだお門違い。
    喋らなきゃ鈍ることくらい少し考えればわかるだろ。手段選ばず喋る機会を自分でつくらなかったあんたの自己責任だ。
    あとThis is a pen を馬鹿にする風潮は個人的には嫌いだなあ
    penの部分はわかりやすい単語にしてるだけで、このフォームは使うし言語の基礎でしょ。
    世界中から高い評価を得てるBASICgrammarだって冒頭でこういう文章使ってるし日本に限ったことじゃない。
    欧米かぶれで日本を批判しようとして、その実的外れな事言ってちゃ意味が無い。
    欧米コンプレックス強いのかしらんけどもっと日本を誇れよ。

  19. 明治政府は英語教育を重視すると、英語ができる人(高い教育を受けられる富裕層)と、できない庶民の間に知識の格差ができちゃうから、英語喋れる人を増やすより、翻訳に力いれたらしいですよ。
    そして西洋の書物を片端から日本語に訳して、誰でも知識を得られるようにしたらしいですよ。
    その後も、日本の授業では、会話は重視されませんでした。
    小学生から日本語より英会話が重視されてたら優秀な人がどんどん海外にでていて、ある意味日本の発展は遅れたかもしれません。
    母国語って大事。
    「英語ができたら便利だが、できなくても困らない」って、すごいし、ありがたいことです。
    子どもの頃からやたらお金をかけられ、英会話重視されても、エゴイストぎみになり、母国で困ってる人の為に働こうという人にはならないし。