人脈拡大術:忙しい人から返信メールをもらうための5つの戦略

この記事は、Passivepanda.comのJames Clear氏により公開されたものの翻訳であります。
英語によるオリジナルの記事はこちらです。James氏の略歴はこちらです。


人脈を広げようと考えたら、重要な人物にも接触する必要が出てくるだろう。

しかし、重要な人物は忙しい。重要人物というのは映画スター、セレブ、ベストセラー本の作者、社長、またはそれに準する個人である。私が言いたいのは、彼らは興味深い人間であり、個人的でも仕事上でも知り合いになるのに有意義な人物であることだ。彼らは飛行機でバッタリ遭遇することもあれば、会議や友人の紹介からでも知り合うことができるだろう。

だが、運良くこういった接触が起こるのは年に一日ぐらいだ。他の364日は自分から手を伸ばす必要がある。

重要な人物に接触するにはメールが一番簡単で手っ取り早いだろう。大抵、ウェブサイトで電話番号は乗ってなくても、メールアドレスは記載されているからだ。
もちろん、メールアドレスを探し当てるのは戦いのほんの序章だ。返事を貰うのが真の勝利である。

この記事では、私を成功に導いた5つのメール戦略をご紹介しよう。

1.予習をしよう

相手にコンタクトを取りたい場合は事前に相手のことを調べよう。相手が誰かは関係なく、忙しい人ならば必ず必要なプロセスだ。
相手のことを事前に調べないといけない理由は、メールの最初の文面は、相手の実績や相手個人を尊敬していること、時間かけて相手のことを調べたということでなければならないからだ。重要な人物というのは実績や称賛に値する栄誉などがたくさんある。メールの文面の最初に相手の仕事と関連することを書けば、話を有利にすすめることができる。

2.重要人物は簡潔性を何よりも重要視する

一日に何百通ものメールが届くのを想像してほしい。毎日だ。あなたはどうやってそれを処理する?
短いメールや親しみのある名前なら返信をもらえるかもしれないが、数行の文以上だと削除されてしまうだろう。全部読んでいたら、返信も通常の業務をする時間もなくなるからだ。

3.相手の影響力を利用しよう

有名人はとても広い人脈を持っている。たくさんの方が相手の人脈を通して知り合っている。自分もこれを利用しよう。
昨今はインターネット上でたくさんの記事、取材記事、写真がある。コンタクトを取りたい人物を知っているリポーターや同僚を探すのは容易だろう。
こういった方々に時間をかけて関係を築くのも一つの手だ。関係をうまく構築することができれば、今から数カ月後に元々連絡を取りたい相手に紹介してもらえるかもしれないからだ。

実は、MixiやFacebook等のソーシャルネットワークは、相手の繋がりを知ることができる重要なリソースだ。これらを活用すれば思いがけないところに繋がりが見つかるかもしれない。

4.感謝の心を忘れずに

返信のお礼に価値ある返礼報酬を差上げられるのなら最高だ。しかし、あまりこのような物をすぐに渡せることはない。相手にちょっと手伝ってほしいことがあれば、まどろっこしい言い回しなどはせず、ダイレクトに聞いて、何らかの援助を得たら感謝しよう。地位が高い人間は毎日いろんな方向から助けを求められている。日記はチラシの裏にでも書いて、ストレートに本題に入ろう。

5.何も期待するな

メールの文面にいくら時間を費やしても、たとえ返礼報酬があっても、返事がないこともある。
この方々は忙しいのだ。返信する時間がなかったのかもしれない。あなたのメールに興味がなかったのかもしれない。相手から返事がなくても気にしなくていい。多くの場合、あなたが悪いわけではないからだ。

あなたが考えているよりも難しくない

今の世界は昔よりもはるかに繋がっている。あなたが思っているよりも、有名で忙しい人への接触は簡単だ。
コンタクトの仕方がメールでなくても、常に同じ戦略に沿うべし。
事前調査、簡潔性、感謝の心を忘れずに!

MakeLeaps

MakeLeapsは見積書・納品書・請求書の発行管理クラウドソリューション。このブログでは、国内のフリーランスや中小企業の読者の悩み解決・成長に役立つ情報やMakeLeapsのニュースなどをお届けします!

MakeLeapsの他の記事