インターンシップは学生が企業や団体、法人、店舗で研修生として働き、実践的な就業を経験することができる研修・雇用プログラムです。ビジネスや社会経験を体験することによって業界や職種を理解することができ、将来の職業選択や自身のキャリアについて考える手助けをしてくれます。そうすることによって、企業に就職してからの職種に対するイメージギャップや職種のミスマッチを防止することにつながります。インターンシップでは、社会人基礎力にはじまり、プレゼン能力、問題解決能力、営業力、接客力などのスキルを身につけることや、他の大学生や業界人との人脈作りをすることができます。勤務経験が少ない学生は就職活動が近づくにつれて、社会に出て働くことに対し不安を抱きがちですが、インターンシップを行うことによってスキルを身につけたり人脈を広げることができるのでそのような不安を解消できます。

短期のインターンシップ

1日〜1週間での期間で働くのが短期型インターンシップです。短期型インターンシップの特徴は、大手企業が夏休み等を利用して自己分析やグループワーク型のディスカッションやプレゼンテーションを行うことが一般的です。そして短期型インターンシップに参加する学生は就職活動を検討している大学3年生が最も多いです。また、企業側は短期インターンシップの場で能力のある学生を見つける採用の場だと考えている方が多いので、その企業への就職を考えている場合は特に、タスクに全力で取り組みましょう。

メリット

気軽さ

短期型インターンシップは数日であることがほとんどであり、長期休暇期間に実施している企業も多いです。1〜2日程度のインターンシップの場合は、学期内の週末に行うケースも稀ではありません。ただ長期型インターンシップに比べて授業や学校を気にせずに参加することができます。

機会

短期型インターンシップは期間が短いので、1つの企業だけではなくより多くのインターンシップに参加することができます。多業種のインターンシップに参加することは、特に就職活動中の大学3年生にとって、企業・業界研究や人脈作りの絶好の機会です。

デメリット

体験

期間が短い分、ビジネスコンテストやグループワークが中心です。そのため、実際の就業経験と異なることは避けられません。

報酬

長期型インターンシップとは異なり、報酬がでない場合があります。もし報酬を得られる企業を探している場合、事前に企業に確認する必要があります。

 

現在、MakeLeapsではインターンを募集中です。もし興味や関心がありましたら、 jobs@makeleaps.comまで履歴書をお送りください。