領収書の書き方

 

領収書の役割

ビジネスを始めると、領収書を作成する場面は突然にやってきます。領収書の役割は大きく2つあります。

1.商品や・サービスの代金を支払ったことを証明するもの

2.支払った代金を再度請求されることを防ぐためのもの

 

領収書に記載する内容

領収書に記載するべき内容を6つ挙げます。

スクリーンショット 2014-10-16 15.05.59

日付

領収書発行の日を書く

会社の名称

領収書を受け取る会社の正式名称を書く

金額

記載ルールに気をつけて書く

  • ¥○○○,○○○※
  • 金○○○,○○○也
  • ¥○○○,○○○ー

この3パターンの中から選びましょう

但し書き

何に対する支払いなのかを明記する

印紙

5万円以上の領収書は印紙が必要

※平成26年4月1日以降に受取金額が5万円未満のものについて非課税対象となります

領収書を発行する側の住所と氏名

その際、認め印は忘れずに。

 

これら6つが必要とされます。是非参考にしてみてください。