振込催促のメールとは、振込の支払いを催促するために送るメールのことです。通常、支払い期限が遅れた場合に、速やかに送ります。ここでは、催促のメールで大切なポイントをいくつかご紹介します。

<丁寧な言葉を使う>
丁寧な言葉で用件を伝えましょう。
例)「ご多忙のところ大変恐縮ですが」、「お忙しいところ大変申し訳ございません」

<相手を尊重した表現を使う>
一方的にならず、相手を尊重した表現を使いましょう。
例)「ご確認いただければ幸いです」、「~していただけると助かります」

<状況を確認する>
事実を把握するために、状況を確認する文章を入れましょう。
例)「ご使用はお済みでしょうか」、「いかがなりましたでしょうか」

<簡潔に伝える>
要件や詳細(内容や日時等)を簡潔に伝えましょう。

<相手に対して理解を示す>
今後の関係を考えて、相手の事情に理解を示す文を入れましょう。

<タイトルに気をつける>
タイトルに催促という言葉を使うと、ネガティブな印象を与える可能性があります。穏便な印象を与え、かつ重要なメールだということが伝わるタイトルにしましょう。