請求書には、通常印鑑を押印します。企業間の取引の場合には、社印(社判)を押します。請求書に用いられる印鑑は角印で問題ありません。法人が使用する印鑑には、主に以下のような角印、丸印(代表者印)、そして銀行印があります。

<角印>
発行者や作成者が、その企業であることを認める場合に使用します。

<丸印>
代表者印もしくは実印として法務局に印鑑登録した印鑑で、契約や諸手続きの申請などに使用します。

<銀行印>
預金口座開設時に金融機関に登録する印鑑です。

請求書上の社印の位置は、下のように社名をすべて隠すのではなく社名にややかぶるように、右に寄せて印鑑を押します。


MakeLeapsを使えば、請求書に掲載される社印を簡単にアップロードできます。