見積書作成の方法

見積書は、ワードやエクセル、あるいはオンラインのサービスで作成することができます。

エクセルやワードで作成する場合

  • 似たような文書やワークシートなどを多用する場合、共通する部分だけをテンプレートとして保存しておき、使用する目的に合わせて一部を変更して使うことができます。テンプレートを利用することで、新しく入力したり変更したりするだけで文書が作成できます。

オンラインサービスで作成する方法

  • テンプレートは既にオンライン上に用意されているので、必要な項目を入力するだけで手軽に作成できます。ここでは、手軽でシンプル、容易に使えるオンラインサービスのMakeLeapsを説明します。

MakeLeapsでの見積書作成方法

  • MakeLeapsにログイン後、「新規作成→見積書」をクリックします。

 

  • 必要な項目(クライアント、項目名・単価など)を記入し、保存します。

このページを共有: