英語対応の見積書ソフト

英語でも日本語でも、基本的に見積書に必要な要件はそれほど異なりませんが、エクセルで見積書を作成する場合、それぞれ異なったテンプレートを用意しなければなりません。一方、英語対応のクラウド見積書ソフトを使えば、より簡単に英語の見積書を作成できます。

ここでは、クラウドの見積書・請求書システムであるMakeLeapsの便利な機能について紹介します。MakeLeapsは英語の見積書にも対応しています。

 

<画面を英語表記にできる>

「日本語」を「English」に切り替えることで、画面を簡単に英語表記に変換できます。


 

<見積書テンプレートを英語スタンダードにできる>

見積書テンプレートの「日本語スタンダード」を「英語スタンダード」に切り替えることで、見積書テンプレートを簡単に英語スタンダードに変換できます。

 

<通貨をUSドルやその他通貨にできる>

通貨を「円」から「USドル」(あるいはその他の通貨)へ簡単に変換できます。


このページを共有: