何か商品を購入してクレジットカードで支払った場合、クレジットカード会社から送付される取引明細や利用明細が領収書の代わりになります。支払いをする人は、直接的にはクレジットカード会社と取引することになるため、このような仕組みになっています。もし、商品を販売する側がこれとは別に領収書を発行してしまうと、二重発行になってしまう可能性があります。しかしながら、販売店によっては顧客側の理由(税務署に説明する必要がある等)により、特別な好意として領収書を発行してくれる場合もあるようです。