納品書は、作成したら通常それを顧客へ郵送しなければなりません。単純な作業ですが、毎月多くの納品書が発生する場合、時間と手間がかかります。

<郵送の作業について>

納品書を郵送するには、次のような作業が必要になってきます。

○ 納品書の印刷
○ 送付状の印刷
○ 封筒に住所を記載
○ 納品書と送付状を封筒へ入れる
○ 封筒に切手を貼る
○ 封筒をのりづけする
○ ポストへ投函

MakeLeapsの郵送サービスを使えば、このような手間もなくなります。

郵送の手続きは、MakeLeapsの画面上から、「郵送する」ボタンをクリックするだけで簡単にできます。

<郵送のコストについて>

郵送サービスにかかる一通あたりの費用は199円です。この費用には、切手代、封筒代、用紙代、印刷代等、すべてが含まれます。
この郵送サービスを利用した場合、具体的にどれくらいのコストが削減できるのかについては、下のページに紹介してあります。

199円の郵送機能に含まれる実際のコスト