納品書の保存期間は、税法基準では7年間、会社法では10年間となっています。

(参照)

<経理に関連する帳簿>・・・法人税法上で7年間保存するように指定されている
○ 帳簿・・・総勘定元帳、仕訳帳、現金出納長、売掛金元帳、買掛金元帳、固定資産台帳、売上帳、仕入帳
○ 書類・・・棚卸表、貸借対照表、損益計算書、注文書、契約書、領収書

<財務諸表>・・・商法で10年間保存するように指定されている
○ 証券取引法上、財務諸表として定義されているもの・・・貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュフロー計算書および附属明細表
○ 他に10年間保存するもの・・・総勘定元帳、棚卸表

 

クラウド型請求管理ツールのMakeLeapsは見積書と請求書に加えて、納品書にも対応しています。詳しくはMakeLeapsホームページをご覧下さい。何かご質問がございましたら、support@makeleaps.comまでお気軽にお問い合わせください。