個人事業主(フリーランス)は、所得税、個人事業税、住民税、消費税を支払う必要があります。

○ 所得税
1年間の売り上げから、経費と控除額を差し引いた金額が課税対象の金額となり、それに一定の税率をかけたものを所得税として納める必要があります。

○ 個人事業税
事業所得と不動産所得の金額から、事業主控除額を差し引いた残りの額が課税対象となり、事業主控除額の金額は年290万円になります。つまり、売り上げが、経費に290万円を加算した金額未満のの場合には課税されません。

○ 住民税
住民税は、都道府県で決められた税金と市区町村で決められた税金を合わせたもので、各市区町村の市区町村役場へ納めます。

○ 消費税
売り上げが1000万円を超えた場合、翌々年度から消費税を納める必要があります。つまり、売り上げが1000万円以下の場合は、消費税は免除されることになっています。

個人事業主(フリーランス)が支払う税金に関する、より詳細な情報につきましては専門家にご相談されることをおすすめいたします。