まず、領収書とは金銭の授受を証明するものであり、「領収書」という文言が入ったもののみを言うものではなく、取引明細書や引落明細書などでも金銭授受の証明となりうる。

  • 領収書とレシートの違い

    領収書とレシートは本来同義であるが、日本ではキャッシュレジスターで発行される宛名の入っていないものをレシート、それ以外のものを領収書と区別する場合が多い。

  • デザイン料を受け取る場合の領収書の書き方

    通常の領収書の書き方に準じて、記載して頂ければ構いません。
    ※ただし、デザイン料は源泉所得税が徴収されるため、その点はご注意ください。

  • 領収書の書き方

    <項目>

    • 「発行年月日」、「宛先」、「内訳」、「金額」、「受領者名」を記載します。

    <宛先>

    • 「上様」ではなく、正式名称を書きます。金額的に大きい領収書については、特にその必要があります。
    • また、宛先の会社名のアトカブやマエカブを(株)としないように注意する。

    <但し書き>

    • 「品代」と省略せず、できるだけ細かく記入します。

    <印紙>

    • 領収書の金額が3万円以上になると、原則印紙が貼られている必要があります。領収書に印紙を添付した場合は、割印(消印)をします。
  • 領収書のサンプル
    www.makeleaps.jp_テンプレート_領収書テンプレート_単位込み_.pdf